505 view

イベント

【予約チケット販売中】国立科学博物館にて〝特別展「毒」〟が2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日)まで開催!BiSH、伊沢拓司など豪華コラボも

\ この記事をシェア /

コノセカイハ、ドクダラケ?

国立博物館“初”となる「毒」をテーマにした特別展が2022年11月1日より開幕します!

〝生物に害を与える物質〟と理解されている毒ですが、実はこの世界は「毒」だらけ。

この特別展では、自然界のさまざまな場所に存在する毒について、各研究分野のスペシャリストが国立科学博物館ならではの視点で掘り下げ解説します。

またBiSH、伊沢拓司など豪華コラボレーションも満載! 盛りだくさんの展示内容を本記事で詳しくご紹介します。




特別展「毒」の見どころ

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>


総展示“毒”数およそ250点!

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

毒とは何か、その概念から毒が生物にどのような作用をするのかについて解説します。

動物、植物、菌類、そして鉱物や人工毒など各分野の「毒」を網羅した展示は必見です!

※生体展示はございません。

圧巻の巨大模型で見る“毒”生物!

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

「攻めるための毒」「守るための毒」

ハブは実物の約30倍、オオスズメバチは約40倍、イラガは約100倍、セイヨウイラクサは約70倍!(実物比)

狩り(捕食)のために使用する「毒」、自分を守るために存在する「毒」といったさまざまな有毒生物の「毒」の働きを、圧巻の巨大模型などを使用して説明します。

QuizKnockからの挑戦状!

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

クイズ王・伊沢拓司率いる東大発の知識集団QuizKnock(クイズノック)が「毒」クイズを出題!

さまざまなクイズに挑戦して、「毒」を学びながら展覧会を楽しみましょう。

多彩なクリエイターが“毒展”を応援!

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

オフィシャルサポーターやタイアップソングなど、豪華な面々が“毒展”に彩りを添えます!

●伊沢拓司(オフィシャルサポーター)

●声優・中村悠一(音声ガイドナビゲーター)

●BiSH(楽曲タイアップ「UP to ME」)

●秘密結社 鷹の爪(キャラクターコラボ)

特別展「毒」について

開催概要

特別展「毒」
【会期】2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日)
【開館時間】9:00~17:00(入場は16:30まで)
<休館日>月曜日、12月28日(水)~1月1日(日・祝)、1月10日(火)
※ただし1月2日(月・休)、 9日(月・祝)、2月13日(月)は開館。
※会期等は変更になる場合がございます。
【会場】国立科学博物館 〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分
【主催】国立科学博物館/読売新聞社/フジテレビジョン
【協賛】DNP大日本印刷
【お問い合わせ】050-5541-8600(ハローダイヤル) 03-5814-9898(FAX)

チケット情報

本展では新型コロナウイルス感染防止のため、時間帯ごとに定員が設けられています。

そのためチケットをご購入される方は、オンラインによる日時指定予約が必要です。

博物館で販売する当日券での入場枠も設けられておりますが、入場枠が完売した場合は入場できませんのでご注意ください。

【入場料(税込)】一般・大学生:¥2,000 小・中・高校生:¥600
【発売日】2022年10月9日(日) 正午12:00~
【購入場所】
・公式チケットサイト ART PASS (オンライン決済のみ)
・美術展ナビ チケットアプリ(オンライン決済のみ)
・各種プレイガイド(オンライン決済・現金決済可能)
・会場販売

また通常チケットほか、各種企画チケットの販売も行っております。

■「BiSHコラボTシャツ」付きチケット

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

【料金】¥5,500(税込)

【販売先】フジテレビダイレクト、チケットぴあ

【販売期間】2022年10月9日(日)12:00~10月31日(月)23:59(予定枚数になり次第販売終了)

■「おおきなベニテングタケ」付きチケット

出典:特別展「毒」<オフィシャルHP>

【料金】¥10,900(税込)
【販売先】フジテレビダイレクト、チケットぴあ
【販売期間】2022年10月9日(日)12:00~10月31日(月)23:59(予定枚数になり次第販売終了)




まとめ

今回は、国立科学博物館にて開催予定の特別展「毒」についてまとめました。

各分野の毒を網羅した展示内容は、“毒”世界の奥深さに触れる貴重な機会となるでしょう。

およそ250点もの“毒”展示から多彩なクリエイターとのコラボレーションまで、豪華なラインナップは必見です!

特別展「毒」、ぜひお見逃しなく!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんちゃん

めぐり部/フリーライター

ハタチ。出版系の専門学校卒。 バンドとジャニーズで出来てます(^^)一生音楽聴いてます(^^)イヤフォンないと生きていけません(^^) 一応、ギター歴6年目のアコギ大好きマン(^^) 最近の悩みは、平野紫耀のせいで(お陰で)理想が更新され続けていること(^^)
あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり