666 view

アート

【6/16(金)~9/3(日)】東京国立博物館で特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」が開催!古代メキシコの魅力を堪能しませんか?

\ この記事をシェア /

6月16日(金)~9月3日(日)までの期間、東京国立博物館で特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」が開催されています!

35の世界遺産が存在しているメキシコ。名所のなかでも特に高い人気を誇るのが、古代都市の遺跡群です。

今回の特別展では、「マヤ」「アステカ」「テオティワカン」という代表的な3つの文明に焦点をあて、メキシコ国内の主要博物館から厳選した古代メキシコの至宝の数々が紹介されています。

本編で、特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」について詳しくご紹介します!

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」について

6月16日(金)~9月3日(日)までの期間、東京国立博物館で開催される特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」。

メキシコは、前15世紀から後16世紀のスペイン侵略までの3000年以上に渡り多様な文明が花開いてきました。

今回の展覧会では、「マヤ」「アステカ」「テオティワカン」という代表的な3つの文明に焦点をあて、メキシコ国内の主要博物館から厳選した古代メキシコの至宝の数々を、近年の発掘調査の成果を交えて紹介されています。

火山の噴火や地震、干ばつなど厳しい自然環境のなか王と王妃の墓、大神殿、三大ピラミッドなどの各文明を代表するモニュメントを築きました。

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」では、普遍的な神と自然への祈り、多様な環境から生み出された独自の世界観と造形美を通して、古代メキシコの奥深さと魅力を堪能できます。

展示構成は4章に分けられています。

▼第一章古代メキシコへのいざない

▼第二章テオティワカン 神々の都

▼第三章マヤ 都市国家の興亡

▼第四章アステカ テノチティトランの大神殿

古代メキシコの歴史を追うような気持ちで観覧できるのではないでしょうか。

注目のみどころは?

みどころ①マヤの「赤の女王レイナ・ロハ」、奇跡の初来日

マヤの代表的な都市国家パレンケの黄金時代を築いたパカル王の妃きさきとされるのが、赤い辰砂しんしゃに覆われて見つかった通称「赤の女王」(スペイン語で「レイナ・ロハ」)です。その墓の出土品がメキシコ国内とアメリカ以外で初めて公開されます。

みどころ②古代メキシコの至宝約140件が一挙に集結

考古と民族資料の宝庫であるメキシコ国立人類学博物館をはじめ、アルベルト・ルス・ルイリエ パレンケ遺跡博物館、テンプロ・マヨール博物館、テオティワカン考古学ゾーンなど、メキシコ国内の主要博物館から厳選した約140件を、近年の発掘調査の成果を交えて紹介されます。

みどころ③世界遺産の魅力を体感できる展示空間

パレンケのパカル王と王妃(赤の女王)の墓、アステカの大神殿(テンプロ・マヨール)、テオティワカンの三大ピラミッドなど、メキシコが世界に誇る古代都市遺跡の魅力を、映像や臨場感あふれる再現展示で堪能できます。

●音声ガイドを上白石萌音さん&杉田智和が担当

展覧会をより楽しむための音声ガイドナビゲーターは俳優の上白石萌音さんが務めるほか、
声優の杉田智和が「雨の神」に扮して参加しています。
どんな掛け合いが楽しめるか大注目です!

音声ガイドは、【会場レンタル】/【アプリ配信】で提供されます。

会場レンタル版
貸出料金:お一人様 1台 650円(税込)

アプリ配信版(iOS/Android)「聴く美術」
販売価格:700円(税込)
配信期間:2023年6月中旬~2024年5月15日予定

メキシコの歴史や展示作品についてより深く知りたい方は利用してみてはいかがでしょうか。

「Fate/Grand Order」とのコラボレーションが決定

古代メキシコにゆかりのあるキャラクターが登場する「Fate/Grand Order」とのコラボレーションが決定しています。

コラボグッズは、6月末から順次販売予定とのことです。

ここでしか買えないグッズをぜひお見逃しなく!

図録・オリジナル&コラボレーショングッズ

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」でしか手に入らないグッズが販売されます。

古代メキシコ作品にちなんだグッズは観覧の思い出にぴったり!日常で使える実用的なアイテムばかりです。

図録
公式図録 ¥2,800(税込み)

オリジナルグッズ
ペンケース&シュシュ ¥3,700(税込み)
ショルダーバッグ ¥3,700(税込み)
ピラミッドポーチ 全2種 ¥1,540円(税込み)
フォンタブストラップホルダー 全3種 ¥1,650(税込み)
アクリルキーホルダー ルチャリブレ(カプセルトイ) 全8種 ¥400円(税込)

DIMINUTIVO とのコラボレーショングッズ
DIMINUTIVO メルカドバッグ ¥12,650円(税込)

開催概要

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」
東京会場
会期:2023年6月16日(金)~9月3日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
開館時間:午前9時30分~午後5時 
※土曜日は午後7時まで 
※6月30日(金)~7月2日(日)、7月7日(金)~9日(日)はメキシコウィークのため午後8時まで。
※総合文化展は午後5時閉館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、7月18日(火) ※ただし、7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
主催:東京国立博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
協賛:NISSHA
協力:アエロメヒコ航空
後援:メキシコ大使館
企画協力:メキシコ文化省、メキシコ国立人類学歴史研究所
お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル/午前9時~午後8時、年中無休)
※福岡会場、大阪会場も巡回予定

まとめ

特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」では、知られざる古代メキシコの魅力を堪能できます。

メキシコの文化に興味がある方をはじめ、メキシコの文化を深く知りたいとお考えの方は楽しめること間違いなしです。

ぜひ、特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」開催期間中に東京国立博物館に足を運んでみてください!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

めぐり部/編集・ライター

推しと食が生きる原動力です^ ^ 魅力あふれる台東区の情報をお届けしていきます♪
あゆりんごの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    あゆりんごの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり