会員登録
ライター募集
367 view

食べる

浅草のカレー南蛮と言えば、老舗の翁そば【取材】強い辛みのカレーの汁と太麵の平打ちそばを美味しく味わう

翁そば
\ この記事をシェア /

浅草愛をお蕎麦にこねる、

お店がある。


浅草の蕎麦屋、翁(おきな)そば。

浅草寺近くのホッピー通りから左折して、細い路地にはいると、創業が大正3年という浅草の老舗、翁そばがある。

お店の人気のお蕎麦は、絶品、カレー南蛮。

ご主人の中村さんに、お客さまからたくさんの熱い支持を得ている人気のカレー南蛮についてお伺いした。

翁そば店主

私は4代目で、創業者は祖父です。しかし、一度、戦争で建物は焼けて、おそばの資料がまったく残っていない状態でありながら、1950年に再出発。

戦前のメニューを少しずつ復興していったなかで、うちの父が辛みのあるお蕎麦が美味しいんだと力説し、いまの辛口のカレー南蛮が創られました。

私どものカレー南蛮は、餡の強さ、辛みの強さ、そしてベースになっている濃い味わいのカレーの汁が、お客さまに好まれています。
それとうどんのような太麵の平打ちそば。
濃いめのトロっとしたカレーの汁と相性がよく、具材は鶏肉と玉ねぎだけですが、シンプルのなかにも絶妙な深い味わいを楽しめます。

どのようにして、カレー南蛮は、人気メニューになっていったのですか。

まだ昭和のころは、今みたいにインターネットがない時代なので、お店にいらっしゃる常連さんにまず気に入っていただいて、それをクチコミで、お客さまの知り合いの方にすすめてもらっていくうちに、徐々に広がっていきました。

観光のお客さま以上に、もともとは本当に地元で働いていらっしゃる方や芸人さんとかのお客さまがたいへん多かったので、少しずつうちのカレー南蛮の噂が波及していきましたね。だから、私どもは、皆さんが満足できるようなしっかりとした量で、食べ応えのあるものを、守り、創り、しっかりと歩んできました。

運ばれてきたカレー南蛮をみると、汁がなみなみと注がれ、いまにもどんぶりから溢れそうだ。

カレー南蛮そば
カレー南蛮

麵を汁から救い上げる。

平打ち麵とカレー汁が踊るように絡み、濃厚な味わいを想像させる。

庶民的な良心価格、650円。

一口頬張る。

爽やかな辛みの独特のカレー風味と麵が、お口いっぱいにフワーッと広がる。「おいしいなあ、おいしいなあ。」という感情がこころの奥の方から湧きあがってくる。

海外からのお客さまも非常に多いと聞いていますが。

確かに外国のお客さまの需要は増えましたね。今後は、海外のお客さまと国内のお客さま、そして地元・浅草のお客さまとのバランスがうまくとれるようになることが大切ですね。どちらかにかたよってしまうと、浅草の街の雰囲気が変わっていってしまうと思うので。

お蕎麦屋さんの数も他の地域と比べて、けっこう多いと思うのですが、浅草は天ぷらやお寿司、街中華のラーメン屋さんとかもわりと老舗が多いですし。神田とか、他のお蕎麦の有名店と比べて遜色のないように、前に向かってすすんでいきたいですね。
常々、そういうことは、他の浅草のお蕎麦屋さんもおっしゃっているので。

私は、生まれて、ずっと浅草にいるんですけど、浅草は昔からやはり伝統だとか、文化とか、日本のこころの重要な発信地だと思っていますね。だから、和のものを求めたときに、浅草へ行ってみようと思っていただけるのかなと感じています。

浅草のお蕎麦は、いろいろな層へむけてのお蕎麦屋さんが多いですね。

そうですね。高級なお蕎麦のお店も多いですが。でも私は、お蕎麦は、やっぱり庶民の食事であればいいなと思っていますね。うちの庶民的な食事は、やはり、夏は冷やしたぬき、冬はカレー南蛮ですね。

いま芸人さんなんかが、インターネットとか、Twitterとかblogで、翁そばさんでよく食べているんです、と、積極的に発信してくださるので、それが拡散されて、ご来店してくださる方も多くてありがたいですね。観光のお客さまも、SNSや雑誌で知ったという方が多いです。

ただ、うちは昔から地元のおなじみさん、常連客というお客さまが比率的に多いんです。昨年までの外国のお客さまが多いことが悪いことではないけれど、浅草の雰囲気として、正確に好ましかったかというと、ちょっと疑問が残ります。浅草の昔の良さがだんだんとなくなってきていることは、事実だと思うんです。

多くの地元の方に愛され続けて、また地元愛が強い翁そばのご主人、中村さん。

浅草が好きで好きでたまらない熱いハートを大切にし、そして浅草愛をこめたお蕎麦を創り続けているご主人。

浅草愛のお蕎麦の伝道職人。

この街の良さを感じてみたかったら、翁そばに来てほしい。

きっと浅草が好きになるだろう。

地元の方の気さくな会話やこころを込めた熱い会話、まっすぐな視線の会話、そしてくったくのない笑顔、くしゃくしゃな笑顔、体温のあるやさしい笑顔に出会えるお店、翁そば。

ご主人は、これからも、浅草愛でお蕎麦を創り続けていくだろう。さあ、浅草のお蕎麦に出会おう。

翁そば

店舗情報

翁そば (おきなそば)

東京都台東区浅草2-5-3
03-3841-4641

営業時間
11:45~15:00
16:30~19:30

定休日:日曜日

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩約2分。
東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン浅草駅(北口)から徒歩約7分。
東京メトロ銀座線田原町駅から徒歩約8分。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

おがさわらせいか

小笠原聖佳:フリーライター、コピーライター、インタビュアー、吟遊詩人

2月生まれ。血液型:A型。 青森生まれ、静岡育ち。東京23区内在住。 広告と言葉とインタビュー、音楽をこよなく愛する。 毎日広告デザイン賞・最高賞/毎日広告デザイン賞・奨励賞/日経広告賞・ 部門賞などを受賞。
おがさわらせいかの記事を見る

関連記事一覧

このライターの記事

軽井沢の有名カフェが浅草に。エロイーズカフェ。アメリカの朝の顔と言われるエッグベネディクトは、ぜひ食べてみたい
浅草の雷門の近くにある、世界初の日本酒アイスのお店、SAKEICE
上野・御徒町にある人気の古着ショップMAGAZINES。ビンテージから古着まで、約2万3千着がお店で販売
浅草・甘味処、彩夏(さいか)
浅草にある唯一のベルギーチョコのスイーツショップ:スイーツスタジオ ベルノート
おがさわらせいかの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧