会員登録
ライター募集
867 view

食べる

【台東区 千束】口の中で溶ける?!「福カフェ」のふわふわパンケーキ。男性一人でも入りやすいオシャレなカフェ

\ この記事をシェア /

こんにちは!しょうたいむです。
突然ですが、皆さんは甘いものは好きですか?

私は男性ですが、甘い物が大好物です。
パンケーキや、クレープ、絶品スイーツなどをテレビで見ると、食べに行きたくなって仕方ありません!

しかし、男性1人でスイーツのお店に足を運ぶのは、なんだか気が引けてしまう…。
私の場合ですが、上野や浅草だと観光客が多いし、インスタ映えするお店に行ったら周りの目が気になっちゃう…。

と思いながらリサーチをしたところ、なんと浅草、上野から少し離れたエリアに男性1人でも入りやすい?オシャレなカフェがありました。

そこで今回は!東京メトロ日比谷線 入谷駅・三ノ輪駅から歩いて行ける、パンケーキで有名なお店をご紹介します!


福カフェの紹介

東京メトロ日比谷線 入谷駅付近は、オシャレなお店が続々とオープンする蔵前付近と同様に、喫茶店やオシャレなカフェが多く密集しているエリアであります。
調べているだけで、なんだか旅行の計画を立てているときのようなワクワク感と、通いたくなる魅力的なお店がたくさんあります!

そのなかで、今回「福カフェ」をチョイスしたのは、パンケーキが有名なお店と情報を確認したので、調査するためです!

「福カフェ」の場所は、台東区の吉原大門近くにあります。
お店までのアクセスは、東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」「入谷駅」から歩いて12分ほどです。

また、浅草駅からもコミュニティバス「めぐりん」に乗車してアクセス可能です♪
(北めぐりん 浅草回りに乗車し、台東病院バス停で下車。)

めぐりんバスが気になった方は、こちらの記事を合わせて読むのもオススメいたします。
▼お得で便利!台東区循環バス「めぐりん」で浅草も上野もめぐるめぐる

オシャレな店内と、絶品のパンケーキを切り盛りしている方は、男性の店長なんです!

スイーツ男子でもある私は、女性が多い環境のなかで、心細く男1人でパンケーキを食べることに気が引けてたのですが、店長が男性の方という安心感もあって、お邪魔してみようとなったのです。
間違ってほしくないのが、執筆している私は、ゲイではありません汗
(以下、店長と称する)

実際に入店します!

訪れたこの日の時刻は14時30分頃。
家事のひと仕事を終えた主婦達がお茶をしている光景が見受けられました。

店内はテーブル席が通路に沿って設置されています。
細長い作りですが、ゆとりあるスペースになっているので、窮屈な思いはすることなく、ゆったり出来ます。

店内BGMは、カフェらしく優しいBGMが流れており、疲れた心を癒やしてくれます。

注文するため、メニューを拝見。
店長によると、「リコッタパンケーキ」が、このお店で一番人気のふわふわパンケーキと教えていただきました。

一番人気も気になりました!しかし、メニューを他にも見ていたところ、ご飯ものを発見。

食べたくなってきたので、空腹の私はパンケーキに、ご飯を頼むか悩み始めました(笑)。
お腹を空かせてお店に来たので、パンケーキだけじゃ物足りないだろうと予想した私は、悩んだあげく…。

オススメのパンケーキと、ご飯を一緒に注文することに!

パンケーキは「リコッタパンケーキ(1360円)」も人気だが、季節限定のメニューで「ルビーカスタード(1390円)」もオススメですよ。
と店長からイチオシもあったので、リコッタパンケーキではなく季節限定メニューに決定!

なんといっても、期間限定って言葉に弱いんですよね。

他にも、プリンアラモードやら全部食べたくなるほど、魅力的なメニューがたくさんあるので幸せな悩みの時間が訪れます。

続いて、ご飯もののオススメを店長にお伺いすると、「アボガドぶたしゃぶ丼(1180円)」が人気メニューのようです。
他にはガパオライスや、カルボナーラうどん、美味しそうなメニューがありましたが、ここも迷わず人気メニューの「アボガドぶたしゃぶ丼」を注文しました。

オススメは、お店の自信作でもあるので美味しいに違いないですし、出てくるまでが楽しみですね♪

私は今回1人で入店しましたが、オシャレなお店といえども気疲れする事はなく、くつろげる空間になっています。

というのも、ネコ好きの方向けの本が沢山ありましたので、注文したあとの待ち時間も楽しみがあります。
猫好きの方には天国です!

写真にあります、「ねこ散歩」という絵本には、東京23区内に生息するネコたちの写真がまとめられていました。
もちろん’台東区’で撮影された可愛いネコたちも写っています!

なかには、可愛い見た目をしながらも強烈なワードチョイスを発する、Tedのぬいぐるみがありました。
可愛い衣装を着ると、やっぱり可愛く見えちゃいます笑。

コロナのご時世なので、Tedもマスクは必須のようですね。

女性目線で配慮された居心地の良い空間は、女性のお客様が多く来店されるのも納得が出来ます。

店長の好きなものも垣間見える、展示物の一部です。

世界一有名?であろう横断歩道「アビイロード」を渡り歩くビートルズの額縁(がくぶち)もありました。

イギリスを代表するロックバンドなだけに、アビイロードは現在有名な観光スポットともなっています。
私も、お金と時間が出来たときにはイギリスに訪れたいです!

そんな考え事をしていると、注文したメニューがやってきました。

人気メニュー、アボカドぶたしゃぶ丼

マヨネーズで覆われたアボカドとぶたしゃぶの真ん中には、半熟たまごがあります。
これをかきまぜて、一緒に食せば幸せな味が口のなかで広がります!

見た目はタコライスにも似ているメニューですが、タコライスのようにスパイシーでは無く、刻みネギとゴマが食感を楽しませてくれるのと、マヨネーズと半熟たまごが、丼ぶりの味わいをまろやかにしてくれる、優しいお味の一品です♪
日本を代表するしゃぶしゃぶと、世界中で愛される食材のアボカドの組み合わせは、もう最高ですよこれは・・・。
アボカドは、女性には嬉しい美容効果と、高い栄養価に期待が出来る食材なのです。

夏バテする前に、アボカドぶたしゃぶ丼を食べれて幸せ。
なんて考え事して食べていたら、丼ぶりが空っぽになって完食してました(笑)。

期間限定パンケーキ

ご飯を完食したあとは満腹~。
と言いたいところですが、スイーツは別腹があるので大丈夫。

期間限定メニューの「ルビーカスタード」の登場です。

カスタードにコーティングされたふわふわのパンケーキに、いちごのソースがかかってます。
パンケーキの上には、バナナをカットしたものがありました。
見てるだけでも楽しめます。

ハニーディスペンサリーという名のシロップたちも、卓上に現れました。
味に変化球をつけたい方は、ぜひご使用ください!

とても柔らかいパンケーキなので、力加減ではつぶれてしまうため、カットするのに緊張が走ります。
ナイフとフォークが用意されますが、フォークだけでもカットできます。

見た目では伝わりにくいですが、マシュマロのような柔らかさのパンケーキは、少し弾力があるように感じました。

それでは、食べてみます!

んん!口に入れると、パンケーキが徐々に口の中で溶けていきます。
メレンゲを活かした、クオリティの高いパンケーキに、思わずびっくり。

ふわふわの意味が食べてみてやっとわかりますが、これは食べにいった方ではないと分からない・・・。
私個人の意見になりますが、ふわふわのマシュマロが口の中で噛まなくても溶けていくような食感で、カスタードといちごソースがコーティングされているイメージでしょうか。

ハニーディスペンサリーがあるけど、どうしようかな~っと眺めて迷った私ですが、気づいたらもう食べ終わる目前でした。
というのも、いちごソースと、たっぷりのカスタードだけで十分美味しくいただけたので問題なしです。

無事完食!ああ、もう一回食べたいな・・・。
なんて考えている私は、再度訪れることでしょう(笑)

「福カフェ」でお腹が満たされたら、さあ帰ろう。
なんて考えると思いますが、待ってください!

お店の近くは、吉原というエリアがあります。

江戸時代から続く吉原遊郭がとても有名なので、歴史が好きな方にとって散策して楽しめるスポットだったり、吉原遊郭と同じぐらい歴史がある吉原神社は、七福神めぐりで有名なスポットです。
テレビでも紹介されたこともあり、現代を生き抜く女性達の悩みにご利益があるとのことで、今では人気のパワースポットになっています。

また、毎年11月に開催されている、浅草酉の市(とりのいち)の会場近くです。
台東区民をはじめ、酉の市のお祭りが好きな方は是非、足を運んでいただきたいオススメのお祭りです♪

ぜひ、お散歩がてらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、スイーツを求めに男性である私が訪れました。

絶品のふわふわパンケーキが召し上がれる「福カフェ」さんは
ゆったりできる店内スペースに、ネコの本がたくさん並んでいるので待ち時間も癒されます。

また、男性一人でも入りやすい店内の雰囲気には魅了されました。

吉原神社を参拝しながら、休憩場所にぜひ立ち寄ってみてください!

福カフェ
住所:東京都台東区千束3-23-10 野村ビル 1F
営業時間:10:00~19:00(ラストオーダー18:00)
定休日:火曜日・水曜日
福カフェオフィシャルサイト



浅草おすすめ記事
▼マツコの知らない世界で紹介|浅草の喫茶店「デンキヤホール」でオムマキとゆであずきを実食

\ この記事をシェア /

ライター紹介

しょうたいむ

フリーライター

東京生まれ、東京育ち。東南アジアやアメリカ・カナダへ旅行経験あり。 日本にいた時に気付かなかった発見や、考え方をもとに 台東区の良さや、お役に立てる情報を発信させていただきます。
しょうたいむの記事を見る

関連記事一覧

このライターの記事

しょうたいむの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧