会員登録
ライター募集
503 view

食べる

雷門近くにある、カラフルなお団子を中心とした噂の甘味ショップ、浅草そらつき。見た目も、味も、幸せ感満載のお店。

\ この記事をシェア /

お団子の味を
支えていたのは、
佐藤さんではなく、
砂糖さんでした。

極甘で、フルーティーで、
男性にも、女性にも、食べ歩きにおススメ。
浅草そらつきのお団子。




いつも浅草界隈に来ている僕だが。
今日は、久しぶりに浅草をゆっくりと歩いた。

仲見世通り、新仲見世通り、伝法院通りなどを、ひとりで歩いていると、いろんな発見があった。
その発見のひとつに、モダンなお団子の出逢いがある。

まるで音楽のPOPミュージックのように、リズミカルでカラフルなお団子。

雷門から約5分。
仲見世通りから、横道に入ったところにある、浅草そらつき、というショップのお団子だ。


ケースに並んだお団子は色彩が豊かで、見た目も綺麗。
とても甘くて美味しそう。
お店の人も、穏やかで、温かい。

お団子がなぜ美味しいのかを、とても丁寧に説明してくれる。
さまざまなお団子が並んでいるなかで。さっそく僕も、いちご四色団子、いちご紅白団子、いちご抹茶団子、いちごミルク団子を選んで直接、手に持って食してみた。

食べてみて、特に感激したのが、いちご四色団子だ。

個性的な四つの甘味が、ひとつのお団子になっていて。

もちもちとした食感ととろける様な甘さが、お口のなかで華やかに香る。

四つの甘味のひとつめのマンゴー餡は、フルーティーで爽やかな新星という感じがした。
二つ目はいちご餡、キューティーな甘さで、お団子の中核のよう。

三つ目は落着きのある甘さの抹茶餡、お団子とはこういうものだと教えてくれる味。

最後の四つ目は定番で締めの甘さのこし餡、お団子の顔と言ってもいいと想う。

独特な四つの甘さが、食べていると楽しく変化していくお団子なのだ。

また、いちごミルク団子は、いちご餡とミルク味の白餡のしっとりした甘さが爽やか。


いちご紅白団子も、いちご餡にミルク餡のまろやかな甘味が、こころまでまろやかにしてくれる。

いちご抹茶団子は、抹茶の溢れるようなコクがある餡を味わえる。

浅草そらつきのお団子は、目でも、口でも、味でも、幸せになれるお団子である。

価格は、税込で一律300円と、たいへんリーズナブル。
昭和の駄菓子屋さんを想い出してしまうようなお店の雰囲気は、新しいのにどこか懐かしさがある。


ぜひ、家族やお友達、彼氏、彼女と浅草そらつきのお団子で、食べ歩きをゆったりと楽しんでほしい。

そうそう、浅草そらつきのお団子の味を支える砂糖さんは、甘さスマートで、僕のこころをしびれさせてくれている。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

おがさわらせいか

小笠原聖佳:フリーライター、コピーライター、インタビュアー、吟遊詩人

2月生まれ。血液型:A型。 青森生まれ、静岡育ち。東京23区内在住。 広告と言葉とインタビュー、音楽をこよなく愛する。 毎日広告デザイン賞・最高賞/日経広告賞などを受賞。
おがさわらせいかの記事を見る

このライターの記事

から揚げの天才のデカから
新仲見世通りの老舗喫茶店、浅草の「銀座ブラジル」元祖ロースカツサンドは、カツサンドを越えた逸品
雷一茶
おがさわらせいかの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧