会員登録
ライター募集
333 view

食べる

【実食レポ】居心地バツグンな谷中の古民家カフェ「カヤバ珈琲」。名物「たまごサンド」と「谷中ジンジャー」の味に驚き!

\ この記事をシェア /

築100年。リニューアルした古民家カフェ

上野エリアからもほど近い、散策路として人気のエリア・谷中。

下町情緒を残しつつ、新しいお店が増えているこの場所の一角にある「カヤバ珈琲」は、大正5年築という100年以上もの歴史のある谷中名物の古民家カフェです。

店主が交代し、新しさを取り入れつつもレトロな佇まいが、連日多くのお客さんを虜にしています。

今回はそんな「カヤバ珈琲」へ、旧店舗時代からの名物メニューである「たまごサンド」と「谷中ジンジャー」を食べに来ました。


休日には行列!人気の老舗カフェへ

谷中の名物古民家カフェ・「カヤバ珈琲」へは、上野エリアから歩いて行ける距離。

下町風俗資料館付設展示場(旧吉田屋酒店)のお隣で、東京藝術大学や上野動物園なども近く、上野・谷中散歩に立ち寄る人が多いお店。休日には外に行列ができるほどの人気があります。

建物は木造2階建てで、大正5年(1916)年築。外壁は歴史ロマンたっぷりで、100年以上の時と空気を凝縮させたように、一段と歴史ある風情を醸し出しています。



平日のおやつ時も過ぎた頃に行ってみると、待たずに入ることができました。

なんだか不安定さも感じるお店のドアを開けると、昔ながらの喫茶店と、現代的なカフェキッチンの佇まいが同居しているスペースが広がります。



店員さんに案内されて、畳のスペースがあるという2階へ。

階段の前で履物を脱いでから上がるスタイル。
カフェなのに、なんだか不思議な気分になります!

しかしこの階段が、急~!

昔の家の造りであるため幅が狭い上に傾斜が大きく、細めの手すりが心許なさに拍車をかけます…。

当然、ギシギシと軋む音も。言い知れない不安が。
落ちないように慎重に上ってみて下さい(背の高い人は天井にも注意!)。



階段を上がりきると、一面の畳にちゃぶ台、座布団が敷かれた「ザ・日本の古き良き」な和室が広がっていました。

旅館や料理屋の立派なお座敷というよりは、個人宅のお部屋という感じの、人が生活していた空気が微かにあります。


「カヤバ珈琲」は、ミルクホールやかき氷店などを経て昭和13(1938)年より営業ののち、オーナーの逝去に伴い2006年に閉店しましたが、お店への愛着を持つ地元内外から多くの有志が集い、2009年に再出発。

メニューは喫茶店らしいものがずらり。珈琲、紅茶、「カヤバ珈琲」名物のルシアン、サンドイッチ類やハヤシライスなど。ルシアンはコーヒーとココアが半々の、旧カヤバの頃からの名物ドリンクです。

2020年5月にはリニューアルオープンし、さらにバージョンアップして様々なメニューが追加されたようです。

スイーツは、みつまめなど和の甘味も揃っていますよ。


「カヤバ珈琲」といえば、食べておきたいのが名物の「たまごサンド」。
スープとサラダが付いたプレートに、ふわふわのたまご焼きを挟んだサンドイッチです。

一緒に注文した「谷中ジンジャー」とともに頂きます!

パンに挟まれた、ふっくらたまごの厚みを見て下さい!

パンも、ただのパンと侮ることなかれ。
酸味と甘みが特徴的なサワードウという種類で、一口頬張ると、まずはパン耳がカリッ、そして、パンなのにモチッとした食感に驚き。

気泡が大きくてパン自体に味があり、ほのかに甘く、ずっしり、厚みのあるたまごとからしマヨネーズも合います。トマトスープは塩味ひかえめのやさしい味で、味付け濃いめが好きな筆者には少し物足りなさを感じるほど。

ルッコラのサラダや、素材の味そのままのキャロットラペも体が喜ぶ感じ。
自家製のジンジャーシロップを使ったオリジナルドリンク・「谷中ジンジャー」でさっぱりと流し込みます。

しっかり辛みの効いた刺激的なジンジャーは、市販のものをイメージして飲むとびっくりします。その秘密は生のスライスジンジャー。

アイスとホット両方あり、アイスは爽やか、ホットでは体の芯から温まりそう。

個人的には、「たまごサンド」のパンがとにかく美味しいのにびっくりしました。このパンを製造しているお店もこの近辺にあるんだとか。買いに行きたい!


お客さんは、男女問わず読書に耽る一人客や、男女グループ、女性の友人同士、そしてシルバー世代のお客様と、客層はさまざま。

平日夕方も近い頃ということで、遊びに来た人というよりはこの地になじみがある方なのでしょう。
いつまでも居たくなるような居心地の良さが異常で、このまま寝っ転がってしまいたいと思うほど。

実家のような安心感で、いつまでもくつろぎたくなってしまいます。

まとめ

100年もの歴史を持ち、地元内外から多くのファンを持つ「カヤバ珈琲」。


食べ応え抜群のモチモチパン×ずっしりたまごの名物「たまごサンド」は出来たてで出てくるので、冷めないうちに頬張るのがオススメ。

想像以上に辛みが効いている、刺激的な「谷中ジンジャー」もお試しあれ。
周囲には根津神社や上野動物園など、下町散策やアート分野をはじめ上野の観光スポットが多い「カヤバ珈琲」。


谷中・上野散歩の休憩には、昔ながらのおうちの「カヤバ珈琲」でくつろいで、のんびり特別な休日を過ごしてみて下さいね。


●基本情報
「カヤバ珈琲」
住所:東京都台東区谷中6-1-29
時間:月~金 8:00-18:00 / 土日祝 8:00-19:00
定休日:無
アクセス:JR日暮里駅・東京メトロ根津駅より徒歩10分
公式HP:@kayabacoffee(Instagram)

\ この記事をシェア /

ライター紹介

くまりら

インタビュアー、ライター

93年生。縁あって、前職では有名少年漫画作品の編集をいくつか担当。 歴史ロマンのあるもの、美味しい食べ物、韓国アイドル、エンタメが好き。
くまりらの記事を見る

関連記事一覧

このライターの記事

くまりらの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧