会員登録
ライター募集
591 view

食べる

地下鉄の浅草駅近にある、眺望が魅力のカフェ。カフェ・ムルソー。隅田川を眺めながら食べる、レアチーズケーキは格別

カフェルムソー_チーズケーキ
\ この記事をシェア /

チーズケーキを食べ終わると、
彼女は、涙をふいた。




彼女は、彼より、ちょうど12歳年上だったと言う。

彼女は、まさか12歳も年下の彼と付きあうなんて、考えてもいなかったと、笑った。

恋は、電光石火である。

家の近所のカフェで、目と目が合った瞬間、お互いが恋に落ちていたと言う。
お互いが一目惚れだった。

ある初夏の日、僕と友達の彼女は、卒業した大学のサークルの関係で、浅草のカフェ、カフェ・ムルソーで久しぶりに会った。


地下鉄の浅草駅近くのセンス溢れる建物の階段を上がり、店内に入る。

そんなに席は埋まっていなかった。
店内の開け放たれた窓からは、迫力のある隅田川が見える。
爽やかな心地よい風を身体に感じる。

開放感のある店内が、僕と彼女のこころまでも開放した。


川が見える席に座る。


太陽の光と風と墨田川が気持ちいい。
まるで避暑地のカフェにいるようだ。

彼女は、大学時代から変わっていなかった。

カフェ・ムルソーで人気の大好きなレアチーズケーキとアイスカフェオレを注文した。
僕も、同じものを注文した。
「それで、年下の彼とは、どうなったの?」

「甘えられる恋もあるんだなって感じたの。今まで、年上の男性としかお付きあいしたことがなかったから。甘えられたら、可愛くてね。そして、愛しくてね。」

カフェ・ムルソーの濃厚なレアチーズケーキとシンプルなカフェオレ、二人分がテーブルにゆっくりと運ばれてきた。


お店の方が、にこやかな笑顔で、注文したものを、テーブルにやさしく置く。

「よく女性が、年下の男性と恋に落ちる話を聞くじゃない、その気持ちがわかった気がしたの。頼られる恋っていうのかな。彼をこころから守ってあげたい、という気持ちになったの。純粋な恋だったの。」

色合い的に赤と白のキュートなチーズケーキを、彼女はスプーンで口に運ぶ。

「チーズケーキがたまらなく美味しいのは、このやさしくて包みこむような切ない甘さが、女性のこころの奥に響くからだと想うの。そう、年下の彼とも、このチーズケーキのように、こころの奥に響く恋だった。」



川からの風が、カフェの店内でワルツのように踊っていた。

店内から見える川の流れをやさしく目に感じながら、淡いカフェオレを、僕はゆっくり口に運ぶ。

「でも、年下の彼との恋は、長く続かなかった。彼の転勤が急に決まり、遠距離になってしまったけど。転勤してからの彼が少しずつ離れていくのをこころのどこかで感じていた。でも、彼を守ってあげたい、というこころは変わらなかった。守ってあげたいという気持ちは、恋なんだって、そのとき気がついたの。」

彼女は、泣いていた。

彼女は、年齢をこえて、人生をかけて、真剣に彼に恋をしていたのだ。

恋は、はかない。
恋は、一瞬で終わる。

チーズケーキを食べ終わると、彼女は、そっと涙をふいた。



浅草のおすすめ記事
▼ノスタルジーな雰囲気の浅草・古民家風カフェ、カフェオトノヴァ。スイーツ、ティラミスの繊細な甘さは食べる価値あり

▼豆かんとは?知る人ぞ知る浅草にある老舗甘味処『梅むら』の和スイーツ



\ この記事をシェア /

ライター紹介

おがさわらせいか

小笠原聖佳:フリーライター、コピーライター、インタビュアー、吟遊詩人

2月生まれ。血液型:A型。 青森生まれ、静岡育ち。東京23区内在住。 広告と言葉とインタビュー、音楽をこよなく愛する。 毎日広告デザイン賞・最高賞/毎日広告デザイン賞・奨励賞/日経広告賞・ 部門賞などを受賞。
おがさわらせいかの記事を見る

関連記事一覧

このライターの記事

軽井沢の有名カフェが浅草に。エロイーズカフェ。アメリカの朝の顔と言われるエッグベネディクトは、ぜひ食べてみたい
浅草の雷門の近くにある、世界初の日本酒アイスのお店、SAKEICE
上野・御徒町にある人気の古着ショップMAGAZINES。ビンテージから古着まで、約2万3千着がお店で販売
浅草・甘味処、彩夏(さいか)
浅草にある唯一のベルギーチョコのスイーツショップ:スイーツスタジオ ベルノート
おがさわらせいかの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧