1,176 view

アート

【日本初】上野・国立西洋美術館にて「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」が開催!

\ この記事をシェア /

〝厳選されたピカソ・コレクション〟

国立西洋美術館(上野)にて、「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」が2022年10月8日(土) ~ 2023年1月22日(日)まで開催されます。

ドイツ・ベルリンにあるベルリン国立ベルクグリューン美術館は、美術商であるハインツ・ベルクグリューンのコレクションが展示されている美術館。本展は、そのコレクション97点がまとめて紹介される日本初の展覧会です。

そんな本展の見どころから展示作品、開催概要まで本記事にて詳しくご紹介!

美術館好きの方、必見です。




「ピカソとその時代」の見どころ

出典:国立西洋美術館 公式HP

アート・ディーラーが厳選!20世紀の美術コレクション

〝自分が生きる時代を代表する美術を展望するには、一級の作品が揃っていなければ本当の意味で説得力はない〟

そう語ったのはアート・ディーラーのベルクグリューン。全コレクターのお手本ともいえる、彼の作品収集に対する情熱と研ぎ澄まされた鑑識眼によって集められた粒よりのコレクションが展観。ベルクグリューン美術館の主要作品がまとまった形で国外に貸し出される本展は、日本初となる非常に貴重な機会です。

日本初公開となるピカソの名品

画家としてピカソに心酔していたというベルクグリューンは、ピカソ本人とも交流を重ねながらコレクションを拡大。選りすぐりのピカソ・コレクションは、ピカソの画業の各時代を代表する一級品。出品作品のうち、約半数(日本初公開35点を含む)がピカソの作品というボリュームさでお届けします。

ベルクグリューンこだわりの額縁

〝良い絵には、それを祝福し、歓待し、よく調和する額が必要である〟

コレクションに対する情熱は、作品を彩る額縁にまで及びます。

各作品に合わせたこだわりのアンティーク額の数々。中には、金塗りの17世紀のスペイン製の額もあるんだとか。どこに飾られているのか、注目してご覧ください。

ピカソをはじめとした展示作品の一部

本展で展示される作品の一部になります。

パブロ・ピカソ《黄色のセーター》

出典:国立西洋美術館 公式HP


【日本初公開】パウル・クレー《中国の磁器》

出典:国立西洋美術館 公式HP


【日本初公開】アンリ・マティス《雑誌『ヴェルヴ』第4巻13号の表紙図案》

出典:国立西洋美術館 公式HP


【日本初公開】アルベルト・ジャコメッティ《広場Ⅱ》

出典:国立西洋美術 公式HP


開催概要

ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展

【会期】2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)

【開館時間】9:30~17:30(金・土は20:00まで)※入館は閉館の30分前まで

<休館日>月曜日、10月11日(火)、12月30日(金)~2023年1月1日(日)、1月10日(火)

※ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館

【会場】国立西洋美術館(東京・上野公園) 〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

【主催】国立西洋美術館、ベルリン国立ベルクグリューン美術館、東京新聞、TBS、共同通信社

【後援】ドイツ連邦共和国大使館、ゲーテ・インスティトゥート東京

【協賛】DNP大日本印刷、あいおいニッセイ同和損保

【協力】日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ヤマト運輸、西洋美術振興財団

【お問い合わせ】050-5541-8600(ハローダイヤル)

※会期等は変更になる場合がございますので、最新情報をご確認ください。

チケット情報

【観覧料(税込)】

一般:2,100円 大学生:1,500円 高校生:1,100円

●日時指定予約制
本展は新型コロナウイルス感染防止のため、日時指定制となっております。事前に日時指定の予約を行った上、ご来場ください。

●当日券
会期期間中は、販売窓口より当日券の販売を行っております。
販売される当日券は、ご案内可能な直近の時間枠となり入場時間の指定はできません。
※ご来場時に予定枚数が終了している場合もございますのでご注意ください。




まとめ

今回は、上野・国立西洋美術館にて開催される「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」をご紹介しました。

ピカソの生涯にわたる作品をはじめとした、20世紀美術の精髄コレクションが見られる本展。

アートディーラー・ベルクグリューンのこだわりがつまった計97点の作品たちは見逃せません。

そんな貴重な日本初となる展覧会を、ぜひ台東区・上野でご覧ください!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんちゃん

めぐり部/フリーライター

ハタチ。出版系の専門学校卒。 バンドとジャニーズで出来てます(^^)一生音楽聴いてます(^^)イヤフォンないと生きていけません(^^) 一応、ギター歴6年目のアコギ大好きマン(^^) 最近の悩みは、平野紫耀のせいで(お陰で)理想が更新され続けていること(^^)
あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • このライターの記事

    あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり