会員登録
ライター募集
544 view

遊ぶ

新幹線を見るのは東京駅ではなく上野駅がおすすめ!上野駅で新幹線ウォッチングをしよう

\ この記事をシェア /

皆さんこんにちは!新幹線も大好きなよしたにです。

新幹線って、非日常を感じられる方も多いのではないでしょうか。

私は、新幹線を見ると旅が始まる感じがして、ワクワクします。

最近の新幹線はシャープなデザインの車両が多くて、すごくかっこいいんですよね!

正直、ずっと見ていられます…(笑)

さて、新幹線を見たい!という方の多くは、東京駅に行かれますよね。

東海道新幹線や東北・上越新幹線など、たくさんの種類の新幹線が一度に見られるからです。

東京駅も良いのですが、実は上野駅も新幹線を見るにはおすすめの場所。

東京駅ではなかなかじっくり見られないところを、上野駅ならじっくり見ることができるんです。

今回は、東北・上越新幹線などがひっきりなしにやってくる上野駅で新幹線見学をしてきました!

鉄道ファンはもちろん、新幹線が大好きな子鉄さんやママ鉄さんも必見です。

ぜひ、最後までお読みください。


上野駅が新幹線ウォッチングにおすすめな3つの理由

さあ、私が上野駅での新幹線ウォッチングを推すのはなぜなのでしょうか。

理由は、大きく分けて3つあります。

一つは、安全柵が少ないことです。

えっ、安全柵はあるに越したことはないじゃないか!と思われる方も多いと思います。

もちろんその通りなのですが…上野駅は東京駅ではなかなかゆっくり見ることのできない連結部分などをくっきり見られる、数少ない駅なんです。

連結部分?と思われる方も多いと思いますので、まずはこちらをご覧ください。

これぞ、連結部分です。

写真は、東京駅から新青森駅や新函館北斗駅を結ぶ東北新幹線E5系「はやぶさ」(左)と、東京駅と秋田駅を結ぶ秋田新幹線E6系「こまち」(右)の連結部分を写したもの。

ミントアイスのような色の「はやぶさ」と、ポルシェのような「こまち」の赤のコントラスト…その美しさから、ファンも多いんですよ!

東京駅に行くと連結部分付近には厳重に安全柵がかかっていて、記念写真を撮ろうにも柵が気になる写真になってしまいます。

そして、東京駅の何が大変って、新幹線を見に来ている人がめちゃくちゃ多いことです。

連結部分で写真撮影の順番待ちをしている間に、新幹線が発車時間になってしまう…なんてこともしばしば。

でも、上野駅は東京駅と比べるとかなり空いています。

実は、これが上野駅を推す二つ目の理由。

私が行ったのは平日の昼間でしたが、同じように撮影をしている人はほとんどいませんでした。

地下駅ですが、東北・上越・山形・秋田・北陸の各新幹線をバッチリ見ることができるんです!

そして、最後の理由は…

この後ご紹介します!

上野駅は意外と撮影が楽しい!新幹線写真ギャラリー

私が新幹線ウォッチングで上野駅を推す最後の理由、それは写真が撮りやすいことです!

一つ目の理由で述べたように安全柵がないので、駅の中にいる列車を撮りやすいんですよね。

地下駅なので暗く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、よく言えば天気にも左右されないとも言えますよね。

…えっ?駅の中で撮る写真なんて鉄道ファンとして満足できないって?

ならば!腕自慢の方は、こんな撮り方にトライしてみるのはいかがでしょう?

「ズーム流し」というテクニックを活用して撮影した、北陸新幹線E7系。

ズーム流しとは、ズームリングを回しながら低速シャッターで撮影する技法のことです。

上手く撮影できると、動いている被写体がこちらに迫ってくるような、躍動感と迫力にあふれた写真を撮ることができます。

必要なのはミラーレスや一眼レフなどのレンズ交換ができるカメラと、ズームレンズ。

最初はなかなかうまくいかないと思いますが、ピントを合わせてから動いている被写体を目で追うように撮影することと、カメラを被写体に合わせて動かしつつ撮影することがコツです。

ぜひ失敗を恐れずに、トライしてみてくださいね!

これで終わるのも忍びないので、あと何枚か私が撮影した写真をご紹介します。

東北新幹線E2系「やまびこ」と山形新幹線E3系「つばさ」が、東京駅に向けて最後の出発をしているシーンです。

「やまびこ」は主に東京駅と盛岡駅を、「つばさ」は東京駅と山形県の新庄駅を結びます。

奥に見えるのは、北陸新幹線E7系ですね。

北陸新幹線E7系。

東京駅と金沢駅を結んでいます。

シャープなイケメンの雰囲気、伝わるでしょうか?(笑)

ホームの端から望遠レンズを伸ばせば、上野駅に入ってくる新幹線を撮影することもできます。

ただ、かなり暗いので通常のカメラでは真っ暗になってしまうかもしれません。

写真は上野駅20番線の東京寄りホーム端から、新青森に向かうE5系「はやぶさ」を撮影したもの。

ライトが照らす線路、まぶしいですね。


まとめ

上野駅で新幹線ウォッチング、行ってみたいと思っていただけたでしょうか。

私も上野駅で新幹線を撮影するのは久しぶりでしたが、想像以上に楽しくてびっくりしました。

新幹線に乗らずにただ見学したいという方は、入場券の購入がおすすめです!

また、新幹線にどうしても乗りたい!とお子さまにせがまれたら…東京駅まで一駅乗車、なんていうのも良いかもしれませんね。

私も撮影後に一駅乗りましたが、たった5分で旅気分が味わえてよかったです(笑)

ちなみに上野駅から東京駅の新幹線運賃は、自由席で大人1,040円(運賃、特急料金込み)でした。

ちょっと贅沢したいときにもおすすめですよ!

私が執筆している記事を通して、少しでも鉄道に興味を持っていただけたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



おすすめ記事はこちら
▼御徒町にある、上野唯一のRock Bar 『g.o.s』。レコードで音楽が聴けて、リクエストができて、お酒が楽しめる。

▼【猫好き必見】東京浅草にある隠れ家カフェ『きゃらふ』は可愛い11匹の猫たちとゆったり過ごせます♪

▼源頼朝、足利尊氏、徳川家康とも関わりがある?知れば知るほど歴史が深い浅草・浅草寺

\ この記事をシェア /

ライター紹介

よしたに

フリーライター

1991年、東京都生まれ。横浜市育ちで、現在も横浜市在住。大学でまちづくり政策を専攻、信用金庫やアパレル、病院勤務を経て、2021年4月よりライター活動開始。つまり新人。 趣味は鉄道(撮り鉄)、音楽全般(特に古いブリティッシュロックやクラシック音楽、吹奏楽が得意)、写真撮影(FUJIFILMのミラーレス一眼を使用)、ランチ開拓、街歩きなど。苦手なことは運動。 台東区をもっと知りたい!
よしたにの記事を見る

このライターの記事

よしたにの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧