会員登録
ライター募集
1,104 view

食べる

【行列必至】予約の取れない日本料理店プロデュース!濃厚で贅沢な“ふわふわオトナかき氷”が食べられる『廚 otona くろぎ』

\ この記事をシェア /

夏の風物詩とも言える食べ物のひとつ、かき氷。

もはやスイーツな本格かき氷が食べられる専門店はどんどん増えています。

そんな中でも、平日でも並ぶほど大人気なかき氷があるお店が上野・御徒町にあるんです!

食べてみると、行列ができるのもうなずけるふわっふわな本格かき氷でしたので、本記事で詳しくご紹介していきます。




御徒町にある『廚 otona くろぎ』へ

JR山手線「御徒町駅」より徒歩2分、上野PARCO_yaの1Fに『廚 otona くろぎ』があります。

道沿いに出入り口があるので、PARCO_yaの中に入らなくても入店できます♪

ちなみにPARCO_ya内の外観はこんな感じです。

どちらからでも入店できるのは便利ですね。

ランチ後に伺おうと思ったのですが、平日でも混雑が予想されるとのことで12時半頃に一度様子見へ。

するとすでに3組待ち!

こういった満席時には、店頭で整理券を発券して順番待ちをする制度のため、ひとまず発券。

※お会計時に撮影したため待ち組数は異なります。

発券から2時間以内であれば、順番が来ていても再来店が可能なので、ランチをしてから戻ることにしました。

ちなみに『厨kuriyaくろぎ』の公式LINEを追加すると、現在の「お待ち組数」や「整理券番号のご案内状況」を確認することもできます。

待ち時間を有効活用できる便利な機能なのでぜひ!

ランチを済ませ、14時半前に再来店。

店員の方に整理券を見せて少し待った後、席に案内していただきました。

店内は黒を基調とした、オトナで落ち着いたお洒落空間。

テーブル席、ソファー席、そしておひとりさま席もあるので、ご家族やご友人との来店はもちろん、ひとりでも気兼ねなく利用できます。

テーブル席は仕切られて半個室になっているので、カップルにもおすすめです♪

半個室のテーブル席
おひとりさま席


現在(6月24日時点)のかき氷メニューは3つ!

左から季節限定かき氷、期間限定かき氷、定番のかき氷となっています。

季節・期間限定かき氷は、なんと約1か月周期で変わるんだとか……!

『厨otonaくろぎ』の公式Instagramにて、季節・期間限定かき氷の情報が提供されていますので行く前にチェックしてみてください。

▼厨otonaくろぎ 公式Instagram


注文は、席にあるQRコードを読み取って行うコロナ対策がなされていました。

こういった形でスマートフォンの画面に表示されるので、お好きなメニューを選んで注文します。やはり季節・期間限定かき氷が気になったので、その2つを注文することに!

サイズは、「通常・氷少なめ・氷やや多め」と自由に選択できます。

今回はランチ後ということもあり、氷少なめを注文しました^^

季節・期間限定かき氷を実食!

ばんっ!!

見てください、この一目で伝わる豪華さ! もはやかき氷の域を超えています。

溶けないうちに、さっそくいただきます。

季節限定かき氷 “檸檬みるく”

まずはこちら。

檸檬みるく/氷少なめ ¥2,050(通常サイズ ¥2,250)

珍しいことに、氷の半分はレモンの酸味が効いた「檸檬蜜」、もう半分は蜂蜜の香りを感じるクリーミーな「はちみつミルク」という横の2層仕立て!

その氷を覆うのが「檸檬クリーム」と「檸檬カード」、さらに「蜜漬けの輪切り檸檬」といったなんとも豪華なレモン尽くし。

口に運んだ瞬間、レモンの爽やかな味と香りが口いっぱいに広がります。

檸檬クリームがもったりと濃厚で甘さを感じますが、それを調和するかのような檸檬カードの酸味がまた良いアクセント!

輪切り檸檬は有機レモンを使用しているので、そのままいただけるのも嬉しい♪

蜜漬けされているので、レモン特有の苦味はなくフルーツのフレッシュさを感じます。

食べ進めていくと……中から白餡と小豆、そしてビスケットが!

さくさくのビスケットともちっとした小豆がそれぞれ違った食感を与えてくれます。

白餡の甘さはレモンの酸味と想像以上に合ってびっくり!!

まさに“和のチーズケーキ”でした!

期間限定かき氷 “焦がしキャラメルみたらし”

続いてはこちら。

焦がしキャラメルみたらし/氷少なめ ¥2,150(通常サイズ ¥2,450)

くろぎ名物の「みたらし蜜」とほろ苦い「焦がしキャラメル」が合わさったソースたっぷりのかき氷!

てっぺんに添えられた大粒の黒豆は、ツヤっと煌めいて金箔とともに存在感を放っています。

焦がしキャラメルの香ばしさと、上に覆われた濃厚で甘めなチーズクリームがバランス◎

もっちりとした黒豆も合わされば、極上のあまじょっぱさを味わえます。

もはやケーキと錯覚するかのような、洋菓子の美味しさを感じました。

こちらも同じく、中にはチョコ餡とくるみが!

チョコ餡には隠し味に塩が用いられているんだとか。程よい塩味が餡の上品な甘さを引き立ててくれています。

くるみはなんといっても食感が最高! かき氷の濃厚なくちどけと合わさるとまた違った味わいを楽しめます。


上品な和洋折衷かき氷でした!




まとめ

ふわっふわな『廚 otona くろぎ』のかき氷をいただく贅沢なひと時。

夏の始まりを感じると同時に、心も体も涼しく爽やかな気分になれます♪

ここまで食べ応え満点で、満足度が高いかき氷は初めてでした。

氷少なめでもボリュームがあるので、女性の方は十分にお腹が満たされるかと思います。

期間限定の新しいかき氷が次々と登場するので、見逃せません!

気になるかき氷は、ぜひお早めに!!

廚 otona くろぎ
住所:東京都台東区上野3丁目24−6 PARCO_ya
営業時間:10:00~19:00




\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんちゃん

めぐり部/フリーライター

ハタチ。出版系の専門学校卒。 バンドとジャニーズで出来てます(^^)一生音楽聴いてます(^^)イヤフォンないと生きていけません(^^) 一応、ギター歴6年目のアコギ大好きマン(^^) 最近の悩みは、平野紫耀のせいで(お陰で)理想が更新され続けていること(^^)
あんちゃんの記事を見る

このライターの記事

あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり