1,754 view

食べる めぐり部

安い、うまい、柔らかい、の三拍子!浅草橋にある「とんかつ藤芳」に行ってみた

とんかつ藤芳 -浅草橋-
\ この記事をシェア /

突然ですが、お肉嫌いの人ってなかなかいませんよね?
焼肉、ステーキ、ハンバーグなど美味しい肉料理はたくさんあります。


ですが皆さん、この料理も忘れてはいけません。
お肉を衣で包んで揚げてしまう、飯テロ中の飯テロ料理を……!


そう!「とんかつ」です。

今回は、そんなお肉×揚げ物の夢のコラボ「とんかつ藤芳」さんへ行ってきました。


とんかつ藤芳のヒレカツ定食を食べてみた

「とんかつ藤芳」は、浅草橋に「本店」「駅前店」の2店舗あります。
今回は、駅からも近い「駅前店」へお邪魔しました。

わたし含め、4人で出発。
方向音痴なので、道順は友達に頼りました……(みんなありがとう!)


ですが、そんなわたしでも迷わず行けてしまいそうなほど近かったです。
調べてみると、JR浅草橋駅西口から徒歩約1分、都営浅草橋駅出口から徒歩約2分。近!
さすが「駅前店」なだけありますね。

そんなこんなで、あっという間に到着。

路地にたたずむ、どこか懐かしさを感じる外観です。

藤芳-外観-

入ろうとすると、入り口前の看板に「食べログ話題のお店」のマークが!

とんかつの藤芳 看板

さらにドアには、さまざまな雑誌掲載の切り抜きまで!

藤芳 玄関

「絶対美味しいに決まっている!」と、期待を胸にいざ入店……おっと忘れてはいけません。

しっかり消毒をしてから入りましょう。

消毒液

これで感染対策もバッチリです。

気を取り直して入店すると、奥の方から店員さんが出て来てくださいました。
階段をのぼった先に2階席もあるようで、空いているか聞いてみると、どうやら満席のよう。

さすがお昼どきなだけあって、1階も2階もお客さんがたくさんでした。
ですが運の良いことに、ちょうど1階席の4人掛けテーブルが空いており、すぐ席に着くことが出来ました。

これは食べ終わった後に撮ったのですが、和室のような温かみを感じる内観です。

トンカツの藤芳 内観

ちなみに1階は、5卓16席。


お昼休憩に来ているのか、サラリーマンらしきスーツを着た4、50代の男性が多くいました。
席について少しすると、店員さんが暖かいお茶とおしぼり、そしてお漬物も持ってきてくださいました。

トンカツの藤芳 お通し


お茶を飲んで一息つき、肝心なメニューを選びます。

トンカツの藤芳 メニュー

お品書きは全7ページ。
名物のとんかつの定食だけでなく、ささ身フライ、シュウマイなどバラエティー豊かな定食がたくさんありました。

一品料理やお飲み物も充実しており、迷ってしまうほどたくさんのメニューを楽しめそうです。


優柔不断なわたしは、メニューの一番上にある「ヒレかつ定食」にしました!

待ち時間に店内を見渡してみると、店主らしき方がちらちらと見えました。
どうやらガラス張りの奥が厨房のようです。

トンカツの藤芳 厨房

作ってくださる方が見えるというのは安心できますね。


また、壁のいたるところにおすすめのメニューが貼られていました。
わたしが個人的に気になったのは、この2つ!

①「トロトロかつ定食」1,050円

トンカツの藤芳 トロトロかつ定食

トロトロとついているだけで、なぜこんなにも美味しそうに聞こえるのでしょう。
しかもおろしポン酢とは。想像しただけでたまりません。



②「凍りネギ塩カツ」1,100円

トンカツの藤芳 凍りネギ塩カツ定食

こちら、なんと数量限定。「凍りネギ」なんて初めて聞きました。
サッパリとした塩味なら、これからの暑い季節にぴったりですね。

そんなことを考えているうちに、料理が運ばれてきました。

13:25ほどに頼み、13:40弱に来たので、提供時間は15分弱でした。
ちゃんと注文を受けてから、とんかつを揚げていることが伺えます。

店内に設置されたテレビを見たり、お通しのお漬物を食べたりもできるので、そんなに待った感覚はありませんでした。

まずはお味噌汁。具材はわかめやネギなどが入っていました。
湯気が立ち込み、味噌のいい香りにそそられます。

そして白米。大きいお茶碗にたっぷりのっていました。

トンカツの藤芳 定食

これは男性でも、十分にお腹を満たしてくれそうです。
少食の方はご飯少なめにしても良いかも?



じゃん!「ヒレかつ定食」です。

トンカツの藤芳 ヒレカツ定食

このように1つ1つ運ばれてきました。

友達は「ロースかつ定食」を頼んでいたので、写真を撮らせてもらいました。

トンカツの藤芳 ロースカツ定食


ロースかつの方が大きめですね。どちらも美味しそう。


とんかつやキャベツの味付けは、自分たちでします。
見てください。テーブルの中央にさまざまな調味料が。

トンカツの藤芳 ソース類

これは味変も楽しめそう。

横に説明書きもありました。何が置いてあるのかわかりやすいですね。

トンカツの藤芳 説明書き

裏もあります。

トンカツの藤芳 説明書き02



さっそく友達がソースをかけていたので、パシャリ。

トンカツの藤芳 ソース

これは「特製ブレンドソース」です。

ソースの香りにさらに食欲がそそられます。
キャベツにもしっかりドレッシングをかけて……

トンカツの藤芳 ドレッシング



待ちに待った、いただきます!

トンカツの藤芳 最高のヒレカツ定食

さっそく揚げたてのヒレかつをパクリ。


「え、柔らか?!!」

あまりの柔らかさに戸惑いを隠せませんでした。レアでもないのになぜこんなにも柔らかいのか……

断面はこんな感じ。

トンカツの藤芳 最高のヒレカツ


ちょうど良い厚さのサックサクでジューシーな衣!
「かつを食べているんだよね?」と疑いたくなるようなお肉の柔らかさ!
間違いなく、私が今まで食べてきたとんかつの中で1番の柔らかさでした。

しかも冷めても揚げたての柔らかさのままなんです!本当に最後まで美味しく食べられちゃいます。


個人的なおすすめの食べ方は「ご飯にダイブさせながら食べる」ことです。
食べていくにつれて、ご飯にソースが染み込む、染み込む。
いや〜たまらん!「特製ブレンドソース」だけでも何杯もいけちゃいます。

白米を全部食べられるか少し心配だったのですが、白米によく合うお漬物のおかげで、ばくばく食べられちゃいました。

とんかつ、白米、お味噌汁の「まわし食べ」でいつの間にか完食。

お腹いっぱい、ごちそうさまでした!

「味変も楽しめそう」とか言っていたのに、美味しすぎて箸が止まりませんでした!

店内は活気に溢れ、常連らしき愉快なお客さんも居ておもしろかったです。
ご飯中に吹き出しそうになってしまうほど……(笑)


ひとりのお客さんも多かったので、気軽に入れそうだなと思いました。

お会計をしようとすると、「合計4,000円です」と言われました。
「あれ、ヒレかつ1,100円じゃ……」と思っていると、お昼のサービスメニューで、100円引きの1,000円になっているのだとか!

思い返せば、入り口前の看板にガッツリ書いてありました。

トンカツの藤芳 ヒレカツ定食1000円

「アジフライ・メンチかつ・ミックスフライ定食」も850円で食べられるそう。
よく見たら、ライスも大盛サービスしていますね。


なんて太っ腹!こんなに美味しい定食が「野口さん1枚」で食べられてしまうんです。


店員さんもとてもお優しい方ばかりで、心もからだも満たされました!


まとめ

「とんかつ藤芳」のとんかつ定食、もう一度、いや何度も食べたくなる味でした!
文章を打っている今も、よだれが出てくるほどです。


余談なのですが、「バラかつ定食」は、駅前店限定メニューだそう。
実はこれも、入り口前の看板にがっつり書いてありました……学ばないわたし……


けど「ヒレかつ定食」も絶品だったので、オールオッケー大満足です!


また、口コミによると、カキフライも絶品なんだとか。
これはメニューを制覇したい衝動にかられてしまいます。


こんなにも、そそられるメニューがたくさんの「とんかつ藤芳」。
みなさんもぜひ一度、足を運んでみてください!

とんかつ藤芳 駅前店
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋1丁目11−4 染谷ビル
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜20:30(土曜のみ20:00まで)
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
定休日:日曜、祭日
電話番号:03-3865-2144



めぐり部活動記事はこちら
▼第一回めぐり部企画会議|ユカイな仲間が集結!浅草橋の「とんかつ藤芳」とアキオカ「2k540」に行ってきました


浅草橋のおすすめ記事はこちら
▼隅田川沿いの隠れ家的 古民家カフェでほっこりタイム。ルーサイトギャラリー&カフェ

▼日本初!タロットカード美術館が浅草橋で開館「東京タロット美術館」



\ この記事をシェア /

ライター紹介

あんちゃん

めぐり部/フリーライター

ハタチ。出版系の専門学校卒。 バンドとジャニーズで出来てます(^^)一生音楽聴いてます(^^)イヤフォンないと生きていけません(^^) 一応、ギター歴6年目のアコギ大好きマン(^^) 最近の悩みは、平野紫耀のせいで(お陰で)理想が更新され続けていること(^^)
あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    あんちゃんの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり