会員登録
ライター募集
499 view

アート

東京都美術館『スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち』が2022年4月22日(金)~7月3日(日)まで開催!

\ この記事をシェア /

スコットランド国立美術館は、上質で幅広い、世界でも貴重な西洋絵画コレクションを有する美の殿堂です。

今記事では、2022年4月22日(金)~7月3日(日)まで行われる「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」について紹介していきたいと思います。

美術館や絵画がお好きな方はぜひ最後までご閲覧ください!




「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」とは


「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」は、スコットランドが誇る至宝の中からファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、スーラ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品が一堂に会する展覧会です。

巨匠画家による油彩画、水彩画、素描作品約90点を通じて西洋美術史をたどります。

日本初公開となるベラスケス初期の傑作「卵を料理する老婆」をはじめ、日本ではなかなか見ることのできないイングランド絵画とスコットランド絵画の珠玉の名品も多数展示され、世界屈指の西洋絵画コレクションを存分に堪能できる機会となっています。

みどころ

みどころは大きく分けて、3つあります。

それぞれみていきましょう!


「THE GREATS 美の巨匠たち」が集結

ラファエロ、エル・グレコ、ルーベンス、ベラスケス、レンブラント、ヴァトー、ブーシェ、コロー、スーラ、ルノワールなど、名の知れた西洋絵画の巨匠たちの作品が楽しめます!

約90点の油彩画・水彩画・素描作品で西洋美術の流れを展観します。

美の殿堂より一挙来日

世界的に名高い西洋絵画コレクションを誇るスコットランド国立美術館。

日本初公開となるベラスケス初期の傑作「卵を料理する老婆」など、スコットランドが誇る至宝の数々を、東京上野で鑑賞することができます!

魅力あふれる英国絵画

ゲインズバラ、レノルズ、ブレイク、コンスタブル、ターナー、ミレイといったイングランド出身の画家と、レイバーン、ラムジー、ウィルキー、ダイスなど日本ではなかなか見ることのできないスコットランド出身の代表的な画家たちの名品が多数展示されます!

西洋絵画の流れ

~1章 ルネサンス~

アンドレア・デル・ヴェロッキオ(帰属)
《幼児キリストを礼拝する聖母(「ラスキンの聖母」)》
1470年頃 テンペラ、油彩・カンヴァス(板から移行) 106.7 × 76.3cm
© Trustees of the National Galleries of Scotland
引用:「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」公式サイト


第1章では、フィレンツェやヴェネツィア、ローマを中心に花開いたルネサンスの絵画と素描を展示。

宗教画だけでなく、より世俗的な作品も描かれ、芸術家に求められた役割の幅広さやパトロンの興味や嗜好の多様性を示しています。

~2章 バロック~

レンブラント・ファン・レイン
《ベッドの中の女性》
1647年 油彩・カンヴァス 81.1×67.8cm
© Trustees of the National Galleries of Scotland
引用:「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」公式サイト

第2章ではバロック絵画を紹介。

17世紀のヨーロッパでは、革新的な画家たちが従来の世界観を覆そうと試みました。

オランダでは、レンブラントが聖書や神話の登場人物に深い人間性を与えて見るものの共感を誘い、スペインでは、19歳の若きベラスケスが、日常のささやかな題材を偉大な芸術の域にまで高めてかつてないリアリズム絵画を制作しました。

また、ルーベンスの習作からは、この時代の芸術家たちの制作過程を垣間見ることが可能です。

~3章 グランド・ツアーの時代~

フランソワ・ブーシェ
《田園の情景》左から:「愛すべきパストラル」 / 「田舎風の贈物」 / 「眠る女庭師」
左から:1762年 / 1761年 / 1762年 油彩・カンヴァス
左から:231.5 × 91cm / 232.1 × 93.4cm / 232 × 91cm
© Trustees of the National Galleries of Scotland
引用:「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」公式サイト

第3章では、18世紀のフランスやイギリスの絵画に着目。

18世紀のパリでは、幻想的な理想郷を描いた絵画が好まれ、ブーシェによる華々しくも牧歌的な大作は、この時代のフランス絵画を象徴する作品の一つです。

イギリスでは、肖像画が発展し、三大画家と呼ばれるゲインズバラ、レノルズ、ラムジーが活躍しました。

また、イギリスのコレクターたちが、美術品の購入や文化的教養を深めるために「グランド・ツアー」と呼ばれる大規模なヨーロッパ旅行をした時代で、グアルディによるヴェネツィアの美しい風景画などが、熱心に集められました。

~4章~

フランシス・グラント
《アン・エミリー・ソフィア・グラント(“デイジー”・グラント)、ウィリアム・マーカム夫人(1836-1880)》
1857年 油彩・カンヴァス 223.5 × 132.3cm
© Trustees of the National Galleries of Scotland
引用:「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」公式サイト

第4章では、従来の伝統が引き継がれる一方、表現に大きな変革がもたらされた19世紀絵画の展開を紹介。

スコットランドのグラントによる華麗で伝統的な「グランド・マナー」の肖像画、文学や物語をテーマにしたミレイの感傷的な魅力を持つ作品、コンスタブルらによる革新的な風景画などの英国絵画に加え、フランスのコロー、ルノワール、スーラらの印象的な絵画が展示されます。

~エピローグ~

フレデリック・エドウィン・チャーチ
《アメリカ側から見たナイアガラの滝》
1867年 油彩・カンヴァス 257.5 × 227.3cm
© Trustees of the National Galleries of Scotland

アメリカの風景画家、チャーチはヨーロッパで学び、各地を旅行しました。

圧倒的で記念碑的な作品「アメリカ側から見たナイアガラの滝」は、スコットランドのつつましい家庭に生まれ、アメリカに渡って財を成した実業家が、母国への感謝の気持ちを込めてスコットランド国立美術館に寄贈した大作になります。

展覧会基本情報

【会期】2022年4月22日(金)~7月3日(日)

【会場】東京都美術館 企画展示室

【休室日】月曜日 ※ただし、5月2日(月)は開室

【開室時間】9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)

【観覧料】一般 1,900円/大学生・専門学校生 1,300円/65歳以上 1,400円

※日時指定予約制です。詳細は展覧会公式サイトをご覧ください

※高校生以下無料(日時指定予約が必要です)

※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要です)

※未就学児は日時指定予約不要です

※高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものをご提示ください

【主催】公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション

【後援】ブリティッシュ・カウンシル

【協賛】信越化学工業、DNP大日本印刷

【協力】日本航空

【お問い合わせ先】TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)




まとめ

「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」はいかがでしたか?

2022年4月22日(金)~7月3日(日)までという期間限定の展覧会になりますので、ぜひ忘れないようにお気をつけください!

なかなか見ることのできない作品ばかりだと思いますので、この機会に行くことをおすすめします!

東京都美術館
住所:〒110-0007東京都台東区上野公園8-36
開館時間 : 9:30~17:30(入館は17:00まで)
※特別展開催中の金曜日:9:30~20:00
休館日 : 第1・3月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日)
TEL : 03-3823-6921
FAX : 03-3823-6920



\ この記事をシェア /

ライター紹介

りまちゃろ

インタビュアー、ライター、編集

♥年齢/21歳 ♥学歴/出版・編集系の専門学校卒 ♥趣味/少年漫画や少女漫画を読むこと。イケメンを拝むこと。服やコスメを大人買いすること。 ♥性格/優柔不断で、どミーハー ♥夢/20代のうちに高層マンションを買うこと。
りまちゃろの記事を見る

このライターの記事

りまちゃろの記事を見る

  • お得な情報たくさんジェイコム
  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧