3,469 view

学ぶ

【上野西郷隆盛像】薩摩藩出身の「西郷どん」の銅像がどうして上野公園に?

\ この記事をシェア /

フーテミッターフ!

皆さんどうもこんにちは、メッシンタです!

皆さんはなぜ上野公園に「西郷隆盛像」があるかご存知ですか?

またどうして「犬との散歩シーン」であるか分かりますか?

西郷隆盛はご存知の通り、維新の三傑の1人(大久保利通、木戸孝允)で、薩摩藩(現在の鹿児島県)出身の偉人です。

どうして薩摩の人の銅像が東京に、と思われた方もいるかもしれません。

今回はそんな西郷隆盛像について、ご紹介したいと思います。

それでは本編へ!




西郷隆盛という人物

皆さんは、「西郷隆盛」という人物が何を行った人なのかご存知でしょうか。

幕末から明治にかけて活躍した人物、という認識かもしれません。

西郷隆盛像について紹介するにあたって、まずは西郷隆盛という人物を簡単に説明したいと思います。

西郷は1828年、薩摩にて下級武士の家系に生まれます。

当時の薩摩藩主島津斉彬(しまづなりあきら)に目をかけられていましたが、次代の藩主らとは意見の相違などにより、2度流罪されてしまいます。

その後西郷は藩主に許され、藩政に復帰し、幕末を迎えます。

西郷は薩長同盟の締結に向けて奔走し、新政府軍(明治政府)内において中心的な役割を担います。

旧幕府軍との戦いとなる戊辰戦争では、勝海舟とともに江戸無血開城を果たし、日本の中心である江戸を戦禍に晒すことはありませんでした。

ですが旧幕府軍である彰義隊が上野寛永寺に立て籠もると、止む無く開戦。

この戦いは上野戦争と呼ばれ、西郷の活躍もあり、新政府軍が勝利します。

明治時代においても政権内で中枢を担いますが、大久保利通らと征韓論などで意見の相違があり、政府から離脱します。

西郷が政府から離脱した頃は日本各地でも、政府に対して不満を持つものによる士族反乱(江戸時代の武士階級)が相次いでいました。

そういった情勢下で、西郷の出身地である薩摩でも反乱が起こります。

これが世に言う「西南戦争」で、西郷は反乱軍の指導者として、明治政府と対岐します。

西郷はこの戦争に敗れ、自刃。

享年49歳で亡くなりました。

どうして上野公園に銅像が?

こういった経歴を持つ西郷の銅像が、なぜ上野公園にあるのでしょうか。

西郷は政府へ反乱した人物で、言わば明治天皇の敵でした。

ですが明治天皇は、明治政府の樹立へ奔走した西郷の功績を評価し、大日本帝国憲法の発布と同時に、大赦します。(天皇陛下より許しをもらうという意味。)

これによって西郷は近代日本成立の英雄とされ、銅像が設置されたのです。

何と言っても西郷は、維新の三傑の1人ですからね!

しかし、銅像を設置する際にも一悶着ありました。

明治天皇によって許されたとはいえ、曲りなりにも西郷は政府へ歯向かった人物です。

軍服姿や、大将服を着た銅像にするか、という案も出たそうですが、反政府運動の象徴として扱われても困るために、「西郷隆盛像」は犬との散歩シーンという、親しみ溢れる銅像となったのです。

こういった背景は調べてみないと分からなかったことですから、面白いですよね。

結果として上野公園の「西郷隆盛像」は庶民に親しみやすい存在とっています。

その他の「西郷隆盛像」

上野公園にある「西郷隆盛像」が有名ですが、実は西郷の故郷である鹿児島県にも2つあります。

こちらは鹿児島市に設置されており、軍人としての威厳溢れる姿が窺えます。

もう1つの霧島市に設置されている銅像は、西郷隆盛没後100年の節目に当たって制作されたものになります。

本来は京都に設置される計画でしたが、頓挫したことで霧島市に誘致されたそうです。

こちらの銅像も鹿児島市のものと同様に、威厳溢れる姿が窺えますよね。

西郷の故郷鹿児島では、やはり地元の英雄であり、尊敬する人物・存在であることが分かります。

その一方で日本国民が想像する西郷像を植え付ける一因となった上野公園の銅像は、見事に明治政府の狙い通りですよね。

英雄として銅像は設置するも、親しみ溢れる存在とし、反政府運動の象徴にさせることを防いだのですからね。




まとめ

ここまで見て下さってありがとうございました。

本記事について簡単にまとめさせていただくと、

・西郷隆盛は薩長同盟の締結、江戸無血開城等に奔走した人物で維新の三傑の1

・西南戦争で敗れ自刃し賊徒となるも、功績を評価され、大日本帝国憲法発布と同時に大赦される

・この時に西郷を英雄として扱うために、上野公園に銅像を設置することになる

・しかし、反政府運動の象徴とさせないために、犬との散歩シーンという親しみ溢れる姿となる

といったところでしょうか。

このまとめからも西郷という人物の大きさみたいのが窺えます!

ちなみにですが、上野戦争で西郷ら新政府軍と戦った旧幕府軍の「彰義隊の墓」は、「西郷隆盛像」の裏側にひっそりと佇んでいます。

こちらも併せて訪れてみてはいかがでしょうか。

それではここまでホントにありがとうございました。

ジャネバーイ!

\ この記事をシェア /

ライター紹介

メッシンタ

めぐり部/フリーライター

年齢/20歳。学歴/現役大学生。趣味/サッカーすることとサッカー観戦。性格/素直。 夢/死ぬまでにイングランドのリバプールに行ってホームスタジアム・アンフィールドで生観戦すること。 後はお金持ちの妻子持ちになること。
メッシンタの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    メッシンタの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり