486 view

学ぶ

安藤百福とインスタントラーメン【日本から世界へ】

\ この記事をシェア /

こんにちは、とくらです。
最近、インスタントラーメン食べてますか?
お湯を入れるだけであら不思議、出来立てのラーメンが食べられるという画期的過ぎる最高の一品。
実は、台東区にも縁があったということをご存じでしょうか?
今回は、日本から世界へと広がった驚異の食品、インスタントラーメンの魅力に迫ります。
インスタントラーメンは、ただの便利な食品を超え、文化や社会に深い影響を与えてきました。
その歴史と魅力について深堀りしていきましょう。

インスタントラーメンの誕生

1958年、日本は戦後の復興期にあり、食品業界は大きな転換点を迎えていました。
そんな時代の中、大阪府池田市の自宅敷地内にある小屋で、安藤百福氏によってインスタントラーメンが誕生します。
この革新的な食品は、お湯を注ぐだけで短時間で美味しいラーメンが楽しめるという点で、たちまち人々の心をつかみました。
それはそうですよね! 現代の日本に住む私でも心をつかまれまくっています。
当初は「チキンラーメン」として市場に登場し、その後、多様な味の種類が次々と生み出され、インスタントラーメンは日本の食文化に新たな一章を刻みました。
しかし、安藤はラーメンの即席化に成功するまで、多くの実験と試作を繰り返しています。
最大の課題は、麺を乾燥させて長期保存できるようにしつつも、調理が簡単であり、味と食感を損なわない方法を見つけることでした。
安藤は、「フラッシュ・フライド」と呼ばれる革新的な方法を発明し、生麺を油で揚げることで、乾燥させながらも独特の食感を保つことに成功しました。
この方法は、麺をすばやくかつ均一に乾燥させ、長期保存が可能で、調理も手軽なインスタントラーメンを実現する鍵となったのです。

台東区とインスタントラーメ

台東区は、インスタントラーメンの発祥の地として、この食品の歴史において重要な役割を果たしています。
安藤百福氏が設立した工場は、地元経済の発展に貢献し、多くの雇用を生み出しました。
更に、台東区の地域コミュニティは、インスタントラーメンの普及に大きく寄与し、またその発展を通じて、地域の魅力を全国に発信するきっかけともなりました。
インスタントラーメンの魅力の一つは、その多様性にあります。
日本各地の特色ある味を再現した地域限定品から、海外の味を取り入れた異国風のものまで、その種類は数えきれません。
また、季節限定の味や激辛、エスニック、実際のラーメン店とのコラボなどなど、商品数も多く、日々新しい味わいが生まれています。

台東区は、インスタントラーメンの普及にとてもゆかりのある土地です。
日清食品がチキンラーメンを販売開始し、大ヒットした当初、同名の「チキンラーメン」という商品や類似の商品が多く出回りました。
これによる法的な紛争が長く続いたため、食糧庁(かつての農林水産省の外局)が業界の体制を整えるようにと勧告を出しました。

皆さんは一般社団法人 日本即席食品工業協会という団体をご存じでしょうか?
この団体は、日清食品など56社が勧告を受けて設立された社団法人日本ラーメン工業協会を前身とする、業界団体です。
安藤は設立時から理事長、1989年5月からは会長を務めてきました。
この団体は、かつて東京都台東区浅草橋に所在しており、即席めんに関する様々な活動を行ってきました。(現在は港区新橋)
ここで、日本のインスタントラーメン業界を1つにまとめる活動を行っていたんですね。
活動内容は即席麺類等の日本農林規格の見直し、品質表示基準に基づく表示に関する業務や、「世界ラーメン協会」の設立など。
世界ラーメン協会は安藤百福が会長を務めていた当時、「世界インスタントラーメン協会」として設立が検討され、現在世界の9カ国・地域からの会社・協会が参加しています。
浅草橋から日本の即席ラーメン業界を1つにまとめた協会が、次は世界中のインスタントラーメン産業の健全な発展を願って新たな団体を立ち上げたというのはとても大きな広がりを感じるエピソードですよね。

インスタントラーメンと文化

インスタントラーメンは、食品としての役割を超え、文化的な象徴となっています。例えば、アート作品や映画、アニメなどで頻繁に取り上げられ、日本のポップカルチャーの一部としての地位を確立しています。
また、世界各国でインスタントラーメンを題材にしたイベントやフェスティバルが開催され、食文化の交流の場となっています。
これらの活動は、インスタントラーメンが持つ文化的な価値を高め、さまざまな国や地域の人々との繋がりを深めています。
日本国内だけでなく、インスタントラーメンは世界中に広がり、多くの国々で愛されています。
それぞれの国で異なるアレンジが加えられ、地域ごとの独自の味が生まれています。 これにより、インスタントラーメンはグローバルな食文化の一部としての地位を確立し、国際的な交流の架け橋ともなっています。

インスタントラーメンの技術革新

インスタントラーメンの製造には、高度な技術が必要です。
麺の乾燥方法から、フレーバーの封じ込め方に至るまで、その製造プロセスは、食品技術の進歩を象徴しています。
さらに、パッケージデザインにも多大な工夫が施され、それ自体がアート作品としての価値を持つことも。
このような進化は、インスタントラーメンがただの一保存用食品を超えた存在であることを示しているのです。
インスタントラーメンは、多くの家庭において、手軽で経済的な食品として重宝されています。
また、災害時の非常食としても多くのシーンで目にしますよね。 インスタントラーメンは社会の安定と支援に貢献しており、その重要性は計り知れません。

インスタントラーメンにまつわるイベント

全国各地で開催されるインスタントラーメンに関連するイベントは、インスタントラーメンへの関心をさらに高めています。
ラーメンフェスティバルや新商品の試食会など、インスタントラーメンを通じた楽しい体験とともに人々に新しい食の楽しみ方をも提供しています。

まとめ

台日本から始まったインスタントラーメンの旅は、今もなお続いています。
その素晴らしい発想と技術、そして文化的な影響は、これからも世界中の人々に喜びと驚きを提供し続けることでしょう。
インスタントラーメンは、単なる食品を超え、私たちの生活や文化に深く根ざした存在となっています。
まさかこんなとてつもない発明がこの街から生まれていたとは驚きでした。
今夜はちょっと一杯、インスタントラーメンでもいかがですか?

\ この記事をシェア /

ライター紹介

とくらじゅん

イラストレーター・ライター

1991年生まれ。下町暮らしのフリーライター・イラストレーター。 妖怪イラスト、育児漫画、ADHDエッセイなどを書いています。
とくらじゅんの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    とくらじゅんの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり