747 view

食べる

【超穴場】この値段でいいの?丁寧に作られた和菓子を味わえる「御菓子司 龍月」

\ この記事をシェア /

皆さん、台東区の「竜泉」に行ったことはありますか?「浅草」や「上野」のような大きな街に比べると知名度は高くないかもしれませんね。

ですが、ここで素敵な和菓子屋さんを偶然発見してしまいました!でも、何だかこの和菓子屋さん、ちょっと変わっていて…?




誰もいない?和菓子屋さん

かく言う私も、今まで竜泉に行ったことはなかったんです。

あてもなくのんびり散歩をしていたら、たまたま竜泉までたどり着きました笑

てくてく歩いていると、お店らしきものが見えてきました。

ぽつんと佇む和菓子屋さん。このあたりは住宅が多く、飲食店があまりなかったので気になりました。

でも、空いているのか閉まっているのか分からない…

中を覗いてみると、誰もいません。

でも明かりはついているし、お菓子も並べられているしなぁ…

迷いましたが、勇気を出してドアを開け、中に入ってみました。

「こんにちは~」

え?誰もいない?入っちゃまずかった?

とりあえずもう一度「こんにちは~」

え、どうしよう。営業時間外なのに入っちゃった?私、不法侵入しちゃった?とプチパニック状態に陥っていると

「シャー」

と奥から洗い物をしているような音が。

あ、ちゃんと人がいる!良かった!

とホッとしていると、「いらっしゃいませ。」と店主の方が迎えてくださいました。良かった良かった、本気で店から出ようか迷ったけどとどまっていて良かった。

皆さん、明かりがついていてお菓子が並べられていたら入って大丈夫です。

店内に入ったのに静かで誰も出て来なくても、大きな声で呼びかければ来てくれます。

多分私の「こんにちは~」の声のボリュームが小さかったんだと思います笑

店主の方も優しいので心配無用です!

では気を取り直して。改めて店内の商品を見てみます。

沢山の種類の和菓子が並んでいます。

手書きの商品名、何だか味があって良いですね。

というか、どの商品も安い!

おしるこもあるようです!これからの時期にぴったりですね。

「生どら焼き」なんてものもあります。美味しそう…!

あ、よく見ると棚に墨汁が!じゃあ、あの壁のメニューは店主の方が墨と筆を使って書いているんですね!

どれにしようかな…と迷っていると、ふとある商品が目に留まりました。「錦秋」という商品です。名前がお洒落。読みは「きんしゅう」です(最初読めませんでした)。

抹茶大好きな私、これ「抹茶ですか?」と尋ねると、「中に抹茶あんが入った練り切りです。」とのことだったので、じゃあこれください!と購入。(ちなみにこのお店では「抹茶」は「末茶」と表記されています)

それから「末茶羊羹入り」と書かれていた「栗おぐら」も購入することに。大好きな抹茶に、秋になると食べたくなる栗なんて最高の組み合わせです!

まずは定番商品を購入しようか…とも思ったのですが、やはり抹茶の誘惑には勝てませんでした笑

今人気の商品は何かを聞くと、やはり栗を使ったお菓子だそう。たしかに栗きんとんや栗ようかんなども並べられていました。

どら焼きも人気とのことでした。「次はどら焼きを買いに来ます!」と言うと、もうすぐ酉の市があるからにぎわうよ、と教えてくださいました。確かに歩いていた時にポスターが貼られているのを発見しました。

酉の市の時期は、このあたりに沢山の人が訪れるそうです。

ちなみに周辺にレストランなどはあるか聞くと、「昔は飲食店が沢山あったけど、今はほとんど住宅地に変わってしまいました。」と教えてくださいました。

そんな中、このお店は長く営業されています。
何とこのお店、70年も続いているんだそう。
「ずっとここで続けているんですか?」と尋ねると「そうです」とのこと。同じ場所でそんなに長くお店が続いているなんて、地域の方に愛されている証拠ですね。

実食レポ

さて、早速購入した和菓子を食べようと思います!

本当は菓子きりでいただきたいのですが持ってないので、フォークでいただきます。

まずは栗おぐらから。

包みを開けると…

こんな感じです!ちょっと抹茶の部分が見えづらいですが…

切ってみると、断面はこんな感じでした!粒あんと抹茶羊羹、栗で構成されています。

粒あんは甘め。ですが甘いだけでなく豆の風味もしっかり感じられます。実は私、粒あんって皮が口の中に残っちゃうことがあるので好んで食べてはこなかったんです。でもこちらの粒あんは、皮が残らないのに一粒一粒が立っており、しゃっきりした食感でとても美味しい。抹茶あんは粒あんの良さを邪魔しないバランスで華を添えています。そしてごろっとした栗はほっくりと甘くて美味しい!

これ、お抹茶が欲しくなるお味です。

次は「錦秋」をいただきます!

紅葉と銀杏が浮かんでいて、何とも可愛らしい。色合いも素敵です。

外側の寒天はプルプルしているのかと思いきや、意外にもしっかりした食感。

その寒天の中から現れる抹茶あんは噛みしめるごとにその爽やかな風味が口に広がり、鼻から抜けていきます。栗おぐらでは脇役だった抹茶が、ここでは堂々と主役を張っています!抹茶の風味を味わっていたくて、ゆっくりゆっくり食べました。

どちらのお菓子もとっても美味しかったです!




安くて美味しい!下町の和菓子屋さん

外から見ただけでは、営業しているのかどうか分からない…というちょっと不思議なお店。私も最初は入っていいのか戸惑いましたが、昭和の雰囲気漂う素敵なお店でした!

店主の方は物静かですが、私が色々質問したことに答えてくださりとても優しかったです。

なにより和菓子がとても美味しい。丁寧に作られていることが伝わるお菓子です。しかも値段が安い。

皆さんも、この不思議なお店の虜になってみてはいかがでしょうか?

御菓子司 龍月
東京都台東区竜泉1丁目19−7
営業時間:10:00~18:30
日曜営業
定休日:不定休
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
電話:03-3873-4961


\ この記事をシェア /

ライター紹介

かくに

フリーライター

出身は北海道。 初めてのひとり旅はクロアチア(初海外)。 方向音痴。 食べることが大好き。 一人ご飯も大好き。 好物はスープカレーと豚の角煮と抹茶。
かくにの記事を見る

  • facebookTwitter
  • このライターの記事

    かくにの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり