527 view

食べる ショッピング

し、至福すぎ〜!「浅草シルクプリン」なめらかすぎるプリン6種を食べ比べてみた♡

\ この記事をシェア /

浅草生まれの「シルクプリン」。みなさん、もう食べたことはありますか?

浅草シルクプリンは素材へのこだわりとなめらか食感をウリにした、とろ~りとろける “極上プリン” なんです♡

メディアでも紹介されることの多い浅草シルクプリン、一度は食べなきゃ損かも!?

今回は食レポとともに、浅草シルクプリンの魅力をたっぷりとご紹介します!




浅草シルクプリンって?

2022年4月にオープンした、浅草シルクプリン2号店「新仲見世店」

2005年創業の浅草シルクプリンは、2022年で17周年を迎えました。

長い間愛され続け、今では浅草みやげの定番として親しまれるほどになっています。

添加物不使用かつ厳選した素材のみを使用して作られたプリンは、まさに “シルクのような” くちどけが堪能できるのだとか。

その真相を調査すべく、今回は定番の「浅草シルクプリン」から季節のプリンまで、計6種のフレーバーを食べ比べしてみました!

いざ、実食!

さっそく食べ比べスタートです!

牛乳ビンのようなちょこんと可愛らしいガラス瓶に入ったプリン。

容器には浅草名物のイラストがプリントされています。食べ終わった後も捨てずに取っておきたい♡

浅草シルクプリン

人気No.2商品!「浅草シルクプリン」 490円(税込)

まずは、定番商品の浅草シルクプリンから。

さっそく食べてみると……。驚くほどなめらか!

口に入れるとすっと溶けていく。これぞまさにシルクの口あたり。

余計なものを使用しない、“素材にこだわり抜いて作られた上品なプリン” であることは、目をつぶって食べても分かるほど、しっかりと伝わります。

そして不思議なことに、濃厚なのにさらりと食べられるんです。

雑味がなく、甘すぎるプリンによくあるような “くどさ” がまったくありません。

なめらかで、とろける舌触り。ほどよい甘さで、するんと口の中に溶けていく。

老若男女問わず、幅広く愛される味わいのプリンといえるのではないでしょうか。

浅草みやげとして人気を集めているのも納得の味です!

プレミアムシルクプリン

人気No.1商品!「プレミアムシルクプリン」 590円(税込)

奥久慈ブランドの卵の黄身を使用した「プレミアムシルクプリン」。なめらかさの中にふんわりと卵の味わいが感じられます。

「浅草シルクプリン」と比べるとバニラビーンズが贅沢に使用されており、香り高い風味が特徴的です。

カラメルソースはほんのり苦みが感じられ、プリンの甘さをより引き立てているのが分かりました。

食感も、通常のシルクプリンよりさらになめらか。

口に入れた瞬間 “溶ける” ようなプリンです。

それでいて甘すぎず、浅草シルクプリン同様あっさりとした後味が堪能できるんですね。

素材の味を感じられる濃厚なつくり。それなのにさらりと食べられます。いや、もはや飲めるんではないでしょうか。

とろける食感がクセになる、何度でも食べたい極上のプリンです!

チョコプリン

人気No.3!「チョコプリン」490円(税込)

さすがにチョコプリンは甘さが際立つかな?と思っていましたが、まったくそんなことはありませんでした。

甘すぎず、意外にもさらっと食べられるチョコプリン。

濃厚そうな見た目とのギャップに驚きを隠せません……!

「ココアパウダー」が決め手になっているというこちらの商品。

食べる前は「上にかかっているココアパウダーのこと?」と思いましたが、よく見るとプリンの中にココアパウダーの粒子のようなものが見えるではありませんか!

プリンにココアパウダーが混ぜ込まれているのですね。

ココア特有のほんのりと甘いカカオの風味が、良いアクセントになっていました。

もちろん、シルクプリンのなめらかさは健在。

子どもたちにも大好評でした!

黒ごまプリン

老舗の高級黒ごま使用「黒ごまプリン」 490円(税込)

そしてこちらは、浅草・寿町に店舗を構える胡麻油の老舗、「磯村政次郎商店」の高級黒ねりごまを使用したという「黒ごまプリン」です。

濃厚で香り高い黒ごま。口に入れた瞬間、黒ごまの風味がぶわ~っと広がります。

ふんわりと鼻から抜けていく黒ごまの香りがたまりません!

そしてプリンの底にはカラメルソースならぬ「黒ごまソース」入り!

ソースを絡めて食べるとさらに濃厚な味わいが楽しめます。

黒ごま好きな方にぜひ味わっていただきたい、贅沢な一品です!

ピスタチオプリン

香ばしさが魅力「ピスタチオプリン」 490円(税込)

フタをあけた瞬間ふんわりとピスタチオの香りが漂い、食べる前から大優勝の予感……。

シルクプリンの良さを受け継いで「ものすごくクリーミーな味わい!」と思いきや、食べ進めるごとにピスタチオの風味が口の中に深まっていくんです。

甘さでごまかされていないので、しっかりとピスタチオ特有の香ばしさを堪能できました。

ピスタチオ好きなら一度は食べてみてほしいと感じた一品。こちらも必見です!

かぼちゃプリン

10月限定 季節のプリン「かぼちゃプリン」490円(税込)

か、かぼちゃ~~~!!!

びっくりするほどかぼちゃでした。シルクプリンのなめらかさはそのままに、かぼちゃのやさしい甘みがふんわり上乗せされて、シルクプリンとはまた違った美味しさが堪能できます。

かぼちゃのざらつきをあえてそのまま残しているのか、ざらつきのある舌触りなのですが、まったく嫌味がありません。むしろこのざらつきがかぼちゃ感を後押ししていて良いな~と感じました。

個人的にはプレミアムシルクプリンに次いで美味しいと思ったプリンです。

※原材料にはちみつが含まれているので、1歳未満のお子さまには与えないようご注意ください。

季節の限定フレーバーが見逃せない♪

浅草シルクプリンでは季節ごとに限定フレーバーのプリンを販売しているとのこと。

11月は「マロンプリン」!

あぁ、こちらも食べてみたい……。

マロンプリンの販売期間は11月1日~12月31日までと、かぼちゃプリンに比べると長いよう。(かぼちゃプリンは10月1日~10月31日の1ヶ月間限定でした)

気になる方はぜひ期間中に足を運んでくださいね。

浅草シルクプリンの消費期限は?

プリンというと「日持ちしないからお土産には向いていないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんね。

浅草シルクプリンは独自の製法により、添加物不使用ながらも製造から10日間と、長めの消費期限を設定することに成功。「生ものは日持ちしない」というイメージを刷新したのです!

今回筆者が購入したのは10月28日。それぞれの消費期限は以下の通りでした。

・プレミアムシルクプリン:11月1日
・浅草シルクプリン:11月3日
・チョコプリン:11月3日
・黒ごまプリン:11月1日
・ピスタチオプリン:11月4日
・かぼちゃプリン:11月3日

フレーバーによってばらつきはありますが、購入日を含めて5~8日間の余裕がありました!これなら安心してお土産に選べるのではないでしょうか。

浅草シルクプリンはどこで買える?

浅草シルクプリンは、浅草に2店舗構えています。

今回お邪魔したのは、2022年4月末にオープンしたばかりの「新仲見世店」。

数席ですが店内にイートインスペースがあるので、お店で購入したプリンをその場で食べることができますよ。

本店は雷門付近にあるので、どちらかお好きな店舗に足を運んでくださいね!

【本店】

住所:東京都台東区浅草1-4-11

TEL:03-5828-1677

営業時間:11:00~21:00

定休日:不定休

【新仲見世店】

住所:東京都台東区浅草1-22-9

営業時間:11:00~18:00

定休日:不定休

そのほか、ランチやカフェタイムに最適な「テスタロッサカフェ 駒形」と、浅草シルクプリンよりもさらに高級感のあるプリンを取り扱っているという「銀座プリン」の店舗もあります!

気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。




まとめ:浅草みやげは「浅草シルクプリン」で決まり♡

みんな大好きなプリンは、ちょっとした手土産にも最適。浅草シルクプリンは日持ちもするので安心してお土産にできますよ。

甘すぎず、濃厚。それでいてあっさりとした後味で、何個でも食べられそうな不思議な味わいのプリンです。

みなさんもぜひお試しください。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

夏川 さほ

SEOライター、取材ライター

埼玉県生まれ、神奈川県在住。 4人の子育て真っ最中のママライターです! 忙しい毎日にほんのり癒しを与えてくれるようなお店探しがマイブーム。 にぎやかな場所より静かな裏道にあるお店が好き。 台東区の魅力をママ目線でお届けします♡
夏川 さほの記事を見る

  • facebookTwitter
  • このライターの記事

    夏川 さほの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり