1,256 view

食べる

浅草|観音通りの老舗そば処「雷門 満留賀(まるか)」で歴史ある味を堪能!浅草観光時の立ち寄りにおすすめ

\ この記事をシェア /

歴史ある老舗飲食店が多く集う浅草。

さまざまな日本の伝統的な食べ物を味わうことができます。

浅草の観音通りに位置している「雷門 満留賀(まるか)」は、明治に創業し、浅草で愛され続けているそば処です。

ゆったりとくつろげる店内でお蕎麦や、ご飯ものメニューが堪能できますよ。

本編で雷門 満留賀について詳しくご紹介します。 蕎麦メニューの実食レポートと併せて、ぜひご覧ください!

雷門 満留賀について

「雷門 満留賀(まるか)」は、浅草で愛され続ける数々の老舗が軒を連ねている観音通りに位置しています。

雷門 満留賀の創業は、なんと明治28年。

100年以上も浅草で愛され続けています。

浅草駅の1番出口から徒歩1分足らずの好立地です。

浅草観光に訪れた際、食事に立ち寄りやすいと思います。

外観はこんな感じ。

食品サンプルのメニューがどれも美味しそうで目を奪われます…!

この日は、平日のお昼時間過ぎに足を運んだため、スムーズに入店できました。

店内は1階と2階に分かれており、1階が40席、2階が30席で計70席の広々空間です。

1階は、このようにテーブル席と座敷に分かれていました。

また、2階は30人までの団体貸し切り利用ができるそうです。

蕎麦メニューを実食レポート

メニュー

雷門 満留賀のメニューはこのようなラインナップでした。

お蕎麦メニューを中心にごはんものもあります。

ご飯もの・一品料理・飲み物メニュー

雷門 満留賀の蕎麦は、上品でありながらしっかり香る、北海道音威子府の厳選した蕎麦粉を使用して一つ一つを丁寧に打っているそう。

出汁には保存料・添加物・化学調味料を一切使用せず、本鰹からしっかりとった上品な味わいです。

蕎麦本来の香りと味わいを楽しめるように、余分なものは加えずにシンプルに仕上げているのが特徴なのだとか。

あたたかいもの、つめたいものそれぞれメニューが豊富でなにを食べようか迷ってしまいました!

迷った末、今回は、筆者が「鴨せいろ」、友人2人がそれぞれ「親子南ばん」、「天ぷらそば」を注文しました!

鴨せいろ

鴨せいろ ¥1,650

鴨の出汁がしっかりと効いた「鴨せいろ」。

冷たい麺を温かいおつゆと一緒に食べるのが至福のメニューです。

運んできていただいた瞬間に出汁の効いた良い香りがふわりと鼻をかすめました…!

麺におつゆをしっかりとつけて食べると口のなかには一気に出汁の風味が広がります。

本鰹だけを使ってとった出汁は深みがあり、のどを通ったあともしっかりと後味を引く感じがありました。

おつゆに足すそば湯

お蕎麦を食べた後は、おつゆをそば湯で割って飲めます。

鴨の出汁とネギってどうしてこんなに相性が良いのでしょうか…。

余計なものが一切入っていないシンプルな洗練された美味しさ。

浅草の町歩きを楽しんで少し疲れ気味だった身体にほっと染みわたりました。

親子南ばん

親子南ばん ¥1,200

友人Aが注文、卵でとじた鶏肉とネギがたっぷりと乗った「親子南ばん」。

優しい出汁の味が染みた鶏肉と卵とつるっとのどごしのある蕎麦と併せて食べるのが最高に美味しいそう。

ネギのシャキシャキ食感が良いアクセントになるのだとか。

お腹にも優しい卵と鶏肉は、食欲が減退してしまう夏にも食べやすいうえに一食でしっかりとエネルギーをつけやすいのではないかと思います!

天ぷらそば

天ぷらそば ¥1,650

友人Bが注文した、薄口の胡麻油で車えびをからっと揚げた海老天が贅沢に2本乗った「天ぷらそば」。

サクサクで歯ごたえ抜群の衣をまとい、海老は弾力のあるぷりぷり食感だそう。

『衣におつゆをしっかりと染みこませたあとのしんなり感もたまらない…!』と言いながら美味しそうに食べていました!

天ぷら×お蕎麦は定番の組み合わせですが、人気の理由も頷ける美味しさですよね。

天ぷらとお蕎麦を一緒に食べることで胃袋の満足感もアップするのも嬉しいポイントだなと個人的に感じます。

雷門 満留賀では、海老天とともにざるそばが一緒に楽しめる「天ざる」も人気のメニューなのだとか!今度足を運んだ際には食べてみたいです。

まとめ

明治時代から愛され続けているそば処「雷門満留賀(まるか)」。

浅草の観音通りに位置しており、浅草寺や仲見世通りなど浅草の人気観光スポットからも立ち寄りやすいです。

歩き疲れたときにほっと一息つける落ち着いた空間も魅力的。

ゆったりした気分で北海道音威子府の蕎麦粉を使用した麺と、保存料・添加物・化学調味料を一切使用せず、本鰹からとった上品な味わいの出汁が特徴のお蕎麦が味わえますよ。

浅草観光を楽しむときは「雷門満留賀(まるか)」に立ち寄って、歴史あるお蕎麦の味を堪能してみてはいかがでしょうか?

雷門満留賀(まるか)
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目1-5
営業時間:11:00~20:30
定休日:火曜日
※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

めぐり部/編集・ライター

推しと食が生きる原動力です^ ^ 魅力あふれる台東区の情報をお届けしていきます♪
あゆりんごの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    あゆりんごの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり