1,175 view

食べる

御徒町|中国の絶品鴨肉料理をリーズナブルに!穴場の中華料理屋さん「福萬年」

\ この記事をシェア /

皆さん、普段鴨肉を食べる機会はありますか?
そう、牛肉でも豚肉でも鶏肉でもラム肉でもなく、鴨のお肉です。
日本では「鴨そば」のイメージが強く、他のレパートリーがすぐには思いつかないという方が多いと思います。ですが「北京ダック」という料理があるように、中国などでは人気のお肉の一つとなっています(英語ではアヒルも鴨も同じduckという単語を使うようです)。
そんな鴨肉を使った料理が楽しめるお店を御徒町で発見しました!ご両親が中国出身の友人おすすめのこちらのお店の料理はどれも絶品でした!早速ご紹介します。

夜でも定食注文可能!豊富すぎる品ぞろえ

私たちがやってきたのは、このお店です。

私たちは平日のディナーの時間帯に訪れました。表通りに面していないので、ちょっと隠れ家的な印象です。

お店の前には、透明なガラスケースの中に食品サンプルがずらりと並んでいます。これを見るとちょっと気分が高まりますね。

では、お店に入っていきます!店内はこんな感じです。

席は基本的に四人掛けのテーブルが中心となっています。20~30人くらい座れそうな店内でした。店内は中国で昔ヒットしたという映画の主題歌が流れていました。

天井の装飾がすごい!全体的に赤を基調とした店内です。なんだか中国らしいですね。お客さんはほとんどが中国人の方のようでした。

そして気になるメニューがこちらです。

裏面は中国語版のメニューとなっています。メニュー右上がお肉とご飯がセットになった、いわゆる定食のようなものになっています。夜でも定食が食べられるのはありがたい!鴨肉料理が多いですが、鶏肉も豚肉も牛肉も揃っています。

そして写真は無いのですが、実はこれ以外にもメニューがあるんです!そちらにはエビチリやマーボーナスといった、中華の定番料理なども写真付きで載っています。メニューの数は、なんと183種類!驚きですよね…毎度のことながら、中華料理屋さんのレパートリーの多さには感嘆するばかりです。

こんなにメニューがあるので私たちもさんざん迷った挙句、シェアする用に「広東窯焼き鴨」、「焼き豚バラ」を注文。そしてひとりひとり個人で食べる用のご飯を選び、私はメニュー右下の「広東窯焼き鴨スープホーフェン」をチョイスしました。「ホーフェン」とは中国の麺のことらしく、食べたことがなかったので気になりました。楽しみです!

気になる鴨肉料理を実食!

10分ほどすると、料理が運ばれてきました。まずはこちら!

「広東窯焼き鴨」です!「北京ダックの写真でよく見るお肉だ!」と感動しました笑

皮はパリッとしていてジューシー! 甘辛の照り焼き味です。ただちょっと骨が多いので、食べるのが難しいですが…手前の付け合わせは白菜のコールスローのようなもの。さっぱりとした甘酸っぱさがお肉の脂とよく合っていました。

ちなみに、お肉につけるためのソースも店員さんが運んできてくれました。「梅のソースがよく合うので付けて食べてみてください。」とのこと。梅のソース?と半信半疑でしたが、ちょっと甘めの梅ソースはたしかにお肉と相性抜群でした!

ほどなくして次に運ばれてきたのがこちらです。

こちらはオーブンで焼いた皮付きの豚肉です!皮の部分は噛みしめると「カリッ」と良い音を立てるくらいカリカリ&パリパリ!皮の下のジューシーで柔らかなお肉とのコントラストがたまりません。お肉の下にはきゅうり&レタスが隠れていて、ゴマドレッシングが添えられています。オーブンで焼いたことで余計な脂が落ちているからでしょうか、思ったほどくどくありませんでした。

そして私が頼んだ麺料理も到着しました!

見てくださいこの迫力!骨付きの鴨肉がドーンとのっています。友人たちも「なんだかさっき届いた鴨肉と同じくらいの量じゃない!?」と驚くほど。

正直、先に届いた料理2品を食べてしまっているので食べきれるか心配になってしまいました。

麺はこんな感じの、平たくてもちもちした麺です!なんだか麺の長さが短いのでこれがスタンダードなのかと思いきや、友人曰く「本当はもっと長いはずだから中で切れてしまっただけだと思う」とのことでした笑

ちなみにホーフェンとは、中国広東や東南アジアの方でよく食べられているライスヌードルのことだそう。もちもちつるっとした食感がとても美味しかったです。白濁したスープは白湯のような味わいで、コクがあって美味しい。

そしてお肉はこんな感じです!お肉自体は最初に届いたものと同じなのですが、スープに入っているとまた違った味わいに。

「食べきれないかも…」とか言いつつ、美味しさのあまり気が付いたらちゃっかり全部食べ終えていました。どの料理も甲乙つけがたいくらい美味しかったです。

日本ではなかなかお目にかかることがない鴨肉料理、いかがだったでしょうか。北京ダックなどは高級なイメージがありますが、こちらのお店では普段使いできるお値段で美味しい鴨肉料理が味わえます。ランチでもお得なメニューが味わえるそうなので、そちらについてもまたの機会に訪れてレポートしようと思います!

福萬年
住所:東京都台東区上野3-7-1
営業時間:
[月~金] 11:00~23:00 [土] 11:00~21:00
定休日:日曜日
電話:03-3839-6811

\ この記事をシェア /

ライター紹介

かくに

フリーライター

出身は北海道。 初めてのひとり旅はクロアチア(初海外)。 方向音痴。 食べることが大好き。 一人ご飯も大好き。 好物はスープカレーと豚の角煮と抹茶。
かくにの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    かくにの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり