2,245 view

食べる

浅草花やしきの近くにある人気カフェ、フェブラリーキッチン。とくに鮮やかな紫色で、濃厚な甘さの紫芋モンブランは、話題だ

浅草花やしきの近くにある人気カフェ、フェブラリーキッチン。とくに鮮やかな紫色で、濃厚な甘さの紫芋モンブランは、話題だ
\ この記事をシェア /

モンブランの味わいと、

エリック・クラプトンの

ギターの音色は、

ちょっと似ている。



今日のモンブラン・スイーツは、紫芋モンブラン。
鮮やかな紫色がとても美しい。
細い渦巻き状のカタチがとても美しい。

どうしても食してみたいと思った僕は、大学時代のバンドメンバーの紅一点だった、友達の彼女を誘って、浅草のカフェ、フェブラリーキッチンに赴いた。

フェブラリーキッチンは、地下鉄浅草駅から徒歩約7~8分の場所、浅草花やしきの近くにあった。
フェブラリーキッチンは、浅草花やしきの絶叫が聴こえるカフェだった。

浅草花やしきの近くにある人気カフェ、フェブラリーキッチン

1992年、ギタリスト、エリック・クラプトンが名曲「レイラ」をMTVアンプラグドではじめて演奏した。
電気を使わないアンプラグドの「レイラ」は、新しい魅力に満ち溢れた曲に生まれ変わった。

フェブラリーキッチンの入口は、おしゃれなグレーの色で彩られていた。
入口に沿って、お店の外の道路側には多数の椅子がカタチ良く並んでいた。
店内は、モノトーンに近い造りになっていて、インテリアも目立ちすぎずとてもシンプルだった。
店内はやわらかい空気が流れていた。

フェブラリーキッチン テラス&店内

お店の人がやさしく微笑んで、迎えてくれた。僕と彼女は、雰囲気のいいウッディ調のカウンターの席に座った。

明るいくったくのない表情で、お店の人が僕たちの席にきてくれた。
二人とも迷わず、紫芋モンブランとアイスカフェオレをオーダーした。

紫芋モンブラン

「エリック・クラプトンのアコースティックライブの映画上映が、もうすぐ始まるね。アンプラグドの「レイラ」以来のアコースティックライブだね。」
僕は彼女に話しかける。

「そうね。アンプラグドの「レイラ」は衝撃だったからね。アコースティックライブを、今度は映画で観ることができるなんて最高だね。」

僕たちは、エリック・クラプトンの話題で盛り上がっていた。

しばらくして、お店のスリムな男性が、斬新な紫芋モンブランと冷たいアイスカフェオレを2つずつ、リズムよくテーブルに運んできた。

紫芋モンブラン&アイスコーヒー
紫芋モンブランとアイスカフェオレ

眩しいぐらいの紫色のモンブランを、フォークでサッとお口に運ぶ。

スマートでなめらかな紫芋の甘さが舌の上で踊る。

「うーん。この紫芋モンブランの素朴な味、なんかエリック・クラプトンのアコースティックギターのピュアな音色に似ている。」と、僕は右脳的に感じた。

まじりっけのない、紫芋モンブランならではの純な味。
エリック・クラプトンのアンプラグドのギターの音色が、こんな感じだ。

僕も彼女も無言で、紫芋モンブランをゆっくり味わった。
そして、モンブランの魅力にこころを奪われていた。
二人とも、紫芋モンブランの繊細で極めた甘さの味覚に満足していた。

それから、じっくりとアイスカフェオレを飲んだ。
冷たいカフェオレの淡い味わいが、モンブランの濃厚な味わいを少しずつ溶かしてくれた。

アイスカフェオレを飲み終わり、僕も彼女も、静かになった。
静かになったら、不思議だ。
なぜだろう。僕は、たまらなく、エリック・クラプトンのアンプラグドの「レイラ」が聴きたくなった。

店舗情報

FEBRUARY KITCHEN
フェブラリーキッチン

東京都台東区浅草2-29-6 天野ビル 1F
浅草駅徒歩6分

03-5811-1535
予約可(土日祝日はご予約不可)

営業時間
11:30 – 18:00
(LO FOOD17:00 / DRINK17:30)

\こちらもおすすめ/
▼【取材】苺スイーツの星、浅草苺座。看板メニューの苺スムージーは苺を16個も使用。苺座ガリ乙女は苺を凍らせて練乳をかけたもの

▼浅草の十和田蕎麦屋に取材。東京ではココでしか食べられない、個性的で美味しい暮坪そばがある

\ この記事をシェア /

ライター紹介

いろはめぐり編集部

魅力がいっぱいの台東区を伝えていきます。

いろはめぐり編集部の記事を見る

  • facebookTwitter
  • このライターの記事

    いろはめぐり編集部の記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり