8,236 view

食べる

並んででも食べたい「白トリュフの塩パン」は必見!行列のできるベーカリー「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」で唯一無二のパンを堪能

\ この記事をシェア /

御徒町駅に、新しいパン屋さんができたのをご存じでしょうか。

名物はなんと、店名のとおりトリュフを使った塩パン!そのほかにも、美味しそうなパンが勢ぞろい。名物のトリュフ塩パンを求めて行列ができることも多々あり、注目を集めています。
そんな人気店、「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」のパンを食べてみました!
さっそくご紹介します。

大人気の白トリュフの塩パンとは

JR御徒町駅の北口改札を出てすぐ、パンの良いにおいが漂っていたら、それは「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」です。

「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」は、「トリュフベーカリー」というパン屋さんの業態のひとつで、主にJR駅の敷地内に店を構える小型のパン屋さん。
トリュフベーカリーは都内に7店舗展開する人気のベーカリーです。

最近ではなんと北海道にも進出。そんな発展を続けるパン屋さんが、2023年の3月13日にJR御徒町駅構内にオープンしました。

オープンしてからまだ二か月ほどしかたっていないにもかかわらず、すでに行列ができる人気っぷりです。

私が訪れたのは休日の午前9時頃。

まだ朝早い時間だったこと、雨が降っていたこともあって、先客は一人だけでした。実は以前買おうと思ったときに、ずら~っと行列ができていたので断念したのです。
「今日は空いてる!」と思いきや、お目当てのパンが売り切れていた、なんてことも。そんな人気店なので、行列ができていないときはラッキーです。

開店したばかりの時間なので、ショーケースには美味しそうなパンがずらり!

スイーツ系から総菜系のパンまで豊富にそろっています。どれも美味しそう!そして私のお目当てのパンが…

こちらの「白トリュフの塩パン」です!名前からしてもう美味しそうですよね。

自家製のトリュフバター、トリュフソルトにトリュフオイルと、トリュフを贅沢に使用したリッチな塩パン。トリュフベーカリーの看板商品です。

店員さんに聞いてみると、やはりこちらの塩パンがお店の一番人気とのこと。ちなみに私が訪れたときは、購入は一人4個までと決められていました。

せっかくなので他のパンも食べてみたい!ということでもう一つ購入することに。

「バタークロワッサン」や「大人のラムレーズンサンド」が美味しそう…でも、「オリーブ」や「明太フランス」のような、しょっぱい系のパンも捨てがたいなぁ…などとショーケースを前に悩んでいると、店員さんが「生ドーナツ」をおすすめしてくださいました。

巷で流行りの生ドーナツ。
都内のトリュフベーカリーでは、池袋店とここ御徒町店のみでしか販売されていない限定品なのだそうです。
生ドーナツをまだ食べたことがなかったこともあり、生ドーナツも購入してみることに。

こうして無事に食べてみたかったパンをゲットすることができました!


「白トリュフの塩パン」と「生ドーナツ」を実食!

ではさっそくいただきたいと思います!まずは念願の「白トリュフの塩パン」から。

紙袋を開けてみると、もうトリュフのにおいがふわりと漂ってきます!

ころんとした形が可愛らしい。

端のほうにちょっと黒い粒のようなものがついているのが特徴です。

「白トリュフの塩パン」はせっかくなのでちょっと温めてから食べることに。トースターを200度に設定し一分半ほどあたためてみました。

温めると、さらにトリュフの香りとバターの香りが強くなりました。

ちなみに裏側はこんな感じです。バターがじゅわっと染みているのが分かります!

ふんわりしっとりした生地にたっぷりしみ込んでいるバターの風味とトリュフの豊潤な香りがたまりません。上にかかっている塩のキリっとしたしょっぱさが、生地の甘さをさらに引き立ててくれています。220円とお手頃な価格なのもうれしい。

そして次は、店員さんにおすすめしていただいた「生ドーナツ」をいただきます。

見た目は何の変哲もないドーナツですが、普通のドーナツと何が違うのでしょう。

半分に割ってみると…

あ、普通のドーナツと違って、割るときに生地がポロポロこぼれません。

生地の気泡が大きくて、ブリオッシュのよう。指でつまむとふにゅっと形が変わるくらいやわらかい生地です。

一口食べてびっくり。生地がふっかふか!そして噛んでいくと、しっとり、もっちりした食感に。

生地自体はそこまで甘くないので、砂糖がたっぷりかかっていてもくどく感じません。
初めて食べる食感なのに、素朴な味わいと見た目も相まってどこか懐かしさを感じます。あっという間に平らげてしまいました!

塩パンもドーナツもパン&スイーツ界では定番の商品ですが、「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」のそれらはオリジナリティに溢れていました。
それでいて食べ飽きず、新鮮なのにどこか馴染み深い味わい。どちらもリピートしたくなるパンでした。

小さな店でも品ぞろえ豊富!様々なニーズに対応するベーカリー

名物の白トリュフの塩パンのようなしょっぱいパンはもちろん、生ドーナツのような甘いパンも揃っているのが魅力的。

御徒町駅すぐという立地の良さなので、買い求めやすいのが魅力的ですよね。
営業時間も朝8時半からなので、仕事前にお昼ごはん用に立ち寄ったり、仕事終わりに明日の朝ごはん用のパンを調達したりするもよし。
色々な場面で重宝できるパン屋さんです。皆さんもぜひ「TRUFFLE mini(トリュフミニ)」のパンの虜になってみてはいかがでしょうか。

TRUFFLE mini(トリュフミニ)
住所:東京都台東区上野5-27-8
JR御徒町駅北口改札外 1F
営業時間:平日8:30-20:00


\ この記事をシェア /

ライター紹介

かくに

フリーライター

出身は北海道。 初めてのひとり旅はクロアチア(初海外)。 方向音痴。 食べることが大好き。 一人ご飯も大好き。 好物はスープカレーと豚の角煮と抹茶。
かくにの記事を見る

  • facebookx
  • このライターの記事

    かくにの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり