1,078 view

食べる

【蔵前】ガッツリお肉を食べたい方に超おすすめ | 鶏焼肉専門店「とり鮮」の驚愕レベルに美味しいメニューを実食レポ!

\ この記事をシェア /

2022年6月、蔵前にオープンした「とり鮮」。

ちょっと珍しいのが、鶏肉の定番フード〝焼き鳥〟ではなくて〝鶏焼肉〟専門店だというところなんです!

本記事では、とにかくガッツリ食べたい!という方におすすめ鶏焼肉専門店「とり鮮」についてご紹介します!

店員さんおすすめメニューの食レポもぜひ併せてご覧ください♪




鶏焼肉専門の焼肉店「とり鮮」に訪店

2022年6月、蔵前駅から徒歩2分ほどの場所にニューオープンした鶏焼肉専門店「とり鮮」。

鶏肉の定番料理〝焼き鳥〟ではなく、〝鶏焼肉〟専門のお店です!

同系列店「男子厨房酒場 蔵の灯」が入っているビルの2階にあるので、とり鮮に足を運ぶ際は〝蔵の灯〟と書かれた看板が目印になります!

営業時間は17時から23時までです。

今回は、17時に来店予約をしていたためスムーズに店内へ案内していただけました。

ピーク時は混雑する可能性があるので電話で事前予約をして行くと安心かもしれません!

席は扉付きの個室以外、全て座敷です。

背もたれ付きの座椅子はふわふわで座り心地抜群でした♪

ちなみにとり鮮は、網焼きではなく鉄板焼きで焼肉を提供しています!


美味しい&珍しい 絶品焼肉実食レポ

とり鮮の鶏肉メニューはすべて国産鶏を使用。定番の部位はもちろん、滅多に食べることができない希少部位もあります。

メニュー表

とり鮮でしか食べることができない珍しいメニューがたくさんです!

もしどれにするか迷ってしまった場合は税込み2,200円の「本日のおまかせコース」を選ぶといいかもしれません◎

おすすめの選りすぐりメニュー

この日は店員さんのおすすめ選りすぐりメニューをたくさんいただきました(^^)

それぞれご紹介します!

●お通し

お通しは、お刺身。

これから焼肉が控えているのに、なんとも贅沢!

魚介料理を多く提供している1階〝蔵の灯〟で使っているお魚というだけあって美味しすぎました。


●特選上ササミ 自家製マヨネーズ

まず、はじめにいただいたお肉は、「特選上ササミ 自家製マヨネーズ」。

常連さんの間でも大人気のメニューで『1番最初に食べるのはこれ!』という方も多いのだとか。食べる前から期待大!

とり鮮では、注文したメニューごとに焼き方を実演してくださいます。

お肉の部位によって異なるベストな焼き加減を丁寧に教えてくださるので、焼肉初心者も安心ですよ。

今回お肉の解説&焼き方を伝授していただいた、鶏焼肉スペシャリスト 渡邉さん

特選上ササミは、表面がうっすら白くなるぐらいサッと火を通したあとにマヨネーズを絡め、もう一度火を通していただくのがベストな食べ方だそうです。

食べごろのいい香りが食欲をそそります。

記念すべき一品目!ワクワクで口に運ぶと…まず驚くのはたまらないやわらか食感。

厚みがあるのに噛む力がいらないぐらいふわふわです!

そして、自家製マヨネーズとの相性が抜群。塩味とマイルドなコクのバランスが最高でした。

まさに何度でも食べたくなる味。常連さんに愛されるのが納得です!

もものあわ醤油焼き

もものあわ醤油焼き」は、まだメニューにはなく、試作の段階だそうですが、なんと今回いち早くいただいてしまいました!ありがとうございます…!

やわらかもも肉に珍しい調味料〝あわ醤油〟をかけていただきます。

もも肉にも味がしっかりついているので、あわ醤油のつけすぎには注意とのことです。

焼きあがったお肉にもこもこのあわ醤油を乗せると、たちまちジュワッと染みていきます。

視覚的にも食欲を掻き立ててくる…!

あわ醤油はふつうのお醤油とちがってくちどけがなめらかです。

もも肉との組み合わせは最強タッグ!超絶品でした◎

●厳選むね肉香草オイル焼き

高たんぱく質・低脂質で女性人気が高いという「厳選むね肉香草オイル焼き」。

お肉は、しそを包むように折り畳んで片面ずつ焼き……

焼きあがったらタイムローズマリー使用の香草オイルをたっぷりとつけていただきます!

口に運んだ瞬間に広がるのはハーブとしそのさっぱりとした味わい。

なおかつお肉に脂身がないので、しつこさはゼロです。

とくに女性人気が高い理由がよくわかります!

●希少部位とりハラミ

1日に仕入れる量が限られている「希少部位とりハラミ」。

鮮やかな薄桃色から鮮度の良さを伺えます。

岩塩と七味をつけていただきました!

鶏肉のハラミは初めて食べたのですが、鶏皮やもも肉とはまた違うプリっとなめらかなくちどけに感動…!

やみつきになる味と食感で『無限に食べられる!』と思ってしまったぐらいです(笑)

さすが希少部位。あまりの美味さに心の中でガッツポーズをしてしまうくらい優勝級の味でした!

●新鮮ホルモン 砂肝&ハツ 

ホルモン好きはぜひ食べて欲しい「新鮮ホルモン 砂肝&ハツ」。

ホルモンはしっかりと中まで火が通るように焼きます。

わさびとオリジナルみそをつけていただきました。

ホルモンにわさびとみそをつけて食べるのは初めてでしたが、こんなにも合うなんてびっくりです!

少し辛味のあるオリジナルみそが砂肝・ハツとベストマッチ。

お酒のお供にもってこいの味わいでした。

●朝挽き黄金比率の鶏つくね

見た目が横長ハンバーグのようでインパクト大の「朝挽き黄金比率の鶏つくね」。

しっかりと食感が出るように鶏皮やなんこつを混ぜているのだとか。

人数分にカットして押しながらこんがりと焼きます。トッピングは刻みのりと小ネギです。

食感も楽しめるようにつくられているだけあって、ほどよい歯ごたえと柔らかさがまさに黄金比率!

なおかつとってもジューシーです。噛むたび口の中いっぱいに広がる旨味たっぷりの肉汁がたまりません…!

いままでのつくねの概念が変わったような気がします!

●親鳥

お肉ラストは「親鳥」。

親鳥は歯ごたえがあって噛めば噛むほど旨味が増すのが特徴とのこと。

今回いただいたお肉のなかでいちばんしっかり火を通しました。

合わせたのはあわ醤油に続いて珍しい調味料〝わさび塩〟です。

親鳥、聞いていた通りかなりのしっかり食感です!

お肉の弾力を楽しみながらよく噛むと、お肉の旨味と鼻の奥にピリッとくるわさび塩の味が広がります。

これがまたクセになる!がっつり食べたい気分のときにぴったりです。

●TKG(卵かけごはん)

ごはんの〆はビジュアルが飯テロな「TKG」!!

輝く卵と一緒にそぼろとネギがパラパラかかっています。

筆者的に、とり鮮のTKGは飲み物でした…!(笑)

たくさんお肉をいただいたあとでしたが、それを忘れてしまうぐらいの勢いでするする食べ進め(飲み進め?^^;)てしまうくらいの美味しさだったんです。

筆者が食べてきたなかで、最も美味しいTKGだったと言っても過言ではありません!

●アイス

さっぱりココナッツアイスにほろにがキャラメルソースをかけたアイス

アイスもソースも甘ったるさやくどさがないので焼肉を食べたあとのお口直しデザートにぴったりでした。

今回いただいたとり鮮メニューはどれも驚くほど絶品で感動が止まりませんでした…!

何回『美味しい!!』と感動の声が漏れたかわからないほどです(笑)

鶏肉好きの方には絶対に足を運んでいただきたいと思うほど、自信を持っておすすめできます!




まとめ

鶏肉好きには嬉しい、鶏焼肉をたくさん堪能できる鶏焼肉専門店「とり鮮」。

いただいたお肉すべてが驚愕レベルの美味しさでした…!

お肉の焼き方は店員さんが丁寧に教えてくださるので、ベストな焼き加減で食べることができますよ♪

余談ですが、筆者は焼肉をガッツリ食べるとどうしても胃もたれを起こしがちなのに、とり鮮の鶏焼肉ではいっさい胃もたれを起こしませんでした◎

鶏肉は脂っこすぎないので、しっかり満足感も得られて胃もたれしにくいのは個人的に嬉しいポイントだなと思います(^^)

みなさんもぜひ鶏焼肉専門店「とり鮮」に足を運んでみてください!

とり鮮
住所:東京都台東区蔵前4-5-4 日比ビル 2F
営業時間:[月~土]17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜日
電話:03-3865-1139


\ この記事をシェア /

ライター紹介

あゆりんご

めぐり部/編集・ライター

東京都生まれのハタチB型!! 推しと食が生きる原動力です^ ^ 基本インドア生活ですがめぐり部ではしっかりアウトドア活動楽しみたいと思います♪
あゆりんごの記事を見る

  • facebookTwitter
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    あゆりんごの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり