313 view

アート イベント

ふたりはプリキュアの立像が登場!東京国立博物館で「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」が開催|ガンダムやゴジラも

\ この記事をシェア /

小さい女の子に人気があるテレビアニメ“プリキュアシリーズ”。

元祖の「ふたりはプリキュア」から始まり、現在は「デリシャスパーティー プリキュア」が放送されています。

プリキュアを通ってきた方は多いのではないでしょうか!

私もそのうちの1人です(^^)

そんなふたりはプリキュアが、なんと東京国立博物館に登場!

企画展「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」で、“キュアブラック”と“キュアホワイト”の立像が展示されています!

ということで、今記事ではトーハクで開催される「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」について紹介していきたいと思います。

プリキュアの他に、ガンダムやゴジラの展示もありますので、気になる方はぜひ最後までご閲覧ください!




「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」とは

まずは、プリキュアの立像が展示される「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」について簡単に説明していきます。

「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」とは、2022年11月2日(水) ~ 2023年1月29日(日)の期間に開催されるトーハク史上初の公募型展覧会です。

展示されるのは、「150年後の国宝候補」として個人や企業から集められた“ワタシの宝物”。

携帯電話、車、マンガ、ゲーム、ファッション、映像、ロボット、食文化、建造物や風景など様々なジャンルから選抜されています。

今は当たり前のように使われているものでも、150年後には国宝とされているかもしれないと思うと面白いですよね!

イベント内容

続いてはイベントの内容を一般部門と企業部門に分けて紹介していきます。

<一般部門>

一般部門では「ワタシの宝物、ミライの宝物」というテーマで、全国からたくさんの「150年後の国宝候補」が寄せられました。

その中から東京国立博物館や選考委員が特別賞に選んだ、家族の思い出が詰まったもの、いつまでも残したい地域の建造物や景勝地、暮らしの中で愛着があるものが展示されています。

また、展示品と共にそれぞれの宝物に添えられたエピソードもご覧いただけます。

<企業部門>

企業部門では、名だたる企業の「150年後の国宝候補」が展示されています。

ふたりはプリキュアの“キュアブラック”と“キュアホワイト“の立像や、動く実物大ガンダム「RX-78F00」の10分の1スケール、全高約1.8メートルの試作モデル、特撮ジャンル代表のゴジラ像など見どころが盛りだくさん!

会社の歴史の礎となったプロダクツ、日本社会の発展を担ったインフラ技術、人々の暮らしを豊かにした衣食住の文化、世界中で人気を博した日本発のエンターテインメントやスポーツカルチャー、未来を作っていくための新しい技術などを改めて知ることができます。


イベント開催概要

<会期>

2022年11月2日(水) ~ 2023年1月29日(日)

<会場>

東京国立博物館 表慶館

<開館時間>

9時30分〜17時00分(入館は閉館の30分前まで)

<休館日>

月曜日(祝休日の場合は翌平日休館、ただし2023年1月3日(火)は開館)、

2022年12月26日(月)~2023年1月1日(日)

<交通>

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分

東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分

京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分

<観覧料金>

無料

東京国⽴博物館総合⽂化展観覧券、または開催中の東京国⽴博物館の特別展観覧券(観覧当⽇に限る)でご覧いただけます。

<主催>

東京国立博物館

<制作協⼒>

株式会社NHKエンタープライズ

<出展協力企業>

株式会社IMAGICA GROUP、株式会社ENYSi、大塚製薬株式会社、株式会社大林組、株式会社ON-ART、鹿島建設株式会社、株式会社学研ホールディングス、キッコーマン株式会社、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社、KDDI株式会社、株式会社湖池屋、 株式会社サンリオ、JRA、公益財団法人JKA、首都高速道路株式会社、株式会社ジンズ、 住友不動産株式会社、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、東映アニメーション株式会社、東急グループ、株式会社東芝、東宝株式会社、日本電設工業株式会社、八海醸造株式会社、株式会社バンダイ、バンダイナムコグループ ガンダムプロジェクト、株式会社ビームス、株式会社ベネッセホールディングス、本田技研工業株式会社、丸紅株式会社、吉本興業株式会社(五十音順)

<運営協力企業>

NIPPON EXPRESSホールディングス株式会社 、 安田不動産株式会社




まとめ

今記事では「150年後の国宝展-ワタシの宝物、ミライの宝物」を紹介しました。

私的にはプリキュアど真ん中世代なので、キュアブラックとキュアホワイトを見られるのが激アツです!

150年後の国宝、皆さんは何を思い浮かべますか?

ぜひ東京国立博物館に足を運んでみてください!

東京国立博物館
住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日
電話番号:050-5541-8600(ハローダイヤル)


\ この記事をシェア /

ライター紹介

りまちゃろ

インタビュアー、ライター、編集

♥年齢/21歳 ♥学歴/出版・編集系の専門学校卒 ♥趣味/少年漫画や少女漫画を読むこと。イケメンを拝むこと。服やコスメを大人買いすること。 ♥性格/優柔不断で、どミーハー ♥夢/20代のうちに高層マンションを買うこと。
りまちゃろの記事を見る

  • facebookTwitter
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    りまちゃろの記事を見る

  • facebookTwitter
  • ランキング

    タグ一覧

    • カリスマめぐり