5,483 view

食べる

【上野】実はフォーより人気!ベトナムで庶民に愛される激うま麺料理を楽しめる穴場「テイホークァン」

\ この記事をシェア /

皆さん、ベトナム料理はお好きでしょうか。
ベトナム料理といえばフォーや生春巻き、それから最近出すお店が増えているバインミーなどを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

でも、ベトナム料理はそれだけではないんです!
今回は、もはや定番のフォーから日本ではあまり馴染みのない麺料理まで、ベトナム料理をお得に楽しめるランチをご紹介します!



上野公園そば!穴場のベトナム料理屋さん

私がやってきたのはテイホークァンというベトナム料理屋。
道路を挟んで向こう側は不忍池という立地です。

お店は二階にあるので、カラフルな階段を上っていきます。ちなみに一階は中華料理屋さんです。

壁のネオンの看板が可愛い。お店のドアを開けると、店員さんがすぐに案内してくれました。

私は一人で来店したので、カウンター席に。カウンター席は2つ。カウンター席は窓に面しており、不忍池を眼前に食事が楽しめます。

私が訪れたときは、桜を目当てに上野公園を訪れる方々を見ることができました。

テーブル席は4人掛けが5つほど。

なぜかクリスマスのデコレーションがそのまま飾られているのが気になります笑

ランチの時間帯はセットメニューを注文することができます。

どれも美味しそうでとても迷いましたが、私が気になったのは「ブンボーフェー」という料理。

フォーはよく見かけますが、「ブンボーフェー」はあまり馴染みがありません。
注文をとりにきてくれた店員さんに「これはどういう料理なんですか?」と聞くと、「牛もも肉や豚もも肉、ベトナムのハムなどが入った麺です。とても人気ですよ」とのことだったので、こちらをいただくことにしました。

ちなみに「ブン」とは、米粉と水が原料のライスヌードルです。

原料はフォーと一緒ですが、違うのはその作り方。フォーは薄く伸ばした生地を裁断して作るのに対し、ブンは生地を押し出して作ります。

実はベトナムでは、フォーよりブンのほうが良く食べられているそうです。

日本では圧倒的にフォーの知名度が高いので、ちょっと意外。そして「ブンボーフェー」とは、ベトナム中部の古都「フエ」の伝統料理なんです。

店内には小さなお子様連れの家族も友人同士で来てる方もいらっしゃいました。

皆さんランチセットを注文しており、フォーを頼んでいる方が多かったです。ランチセットとは別に一品料理も一緒にオーダーしている方もいらっしゃいました。
一品料理はランチ・ディナーどちらの時間帯も頼むことができます。

頼んだ料理が届くまでの間、メニューを見て待つことに。

フォーなどの定番メニューはもちろん…

なんとカエルの炒め物も!ちょっと挑戦する勇気はありませんでしたが、誰かと一緒ならトライしてみたい…かも…?

ベトナムで大人気のブンボーフェーを実食!

そうこうしているうちに、店員さんが「お待たせしました~」とブンボーフェーを運んできてくださいました。それがこちら!

手前右がブンボーフェー、左のお皿に入っているのが生春巻きと揚げ春巻き、左上が春巻き用の付け合わせ&ソース、ソースの右にちょこっと見えているのがデザートのゼリーです。
ボリューム満点!

では、さっそくメインのブンボーフェーからいただきます。

スープにはラー油が浮いていますが、スープ自体はそこまで辛くありません。
塩味ベースの透明なスープはあっさりしているのにコクがあります。

麺はツルツルでコシがあります。でもプチンと噛みきれる歯切れの良さもあり、楽しい食感です。

噛み応えのある牛もも肉は噛み締めるほどに旨味がじゅわっと口の中に広がります。

豚もも肉はしっとりと柔らか。

ベトナムハムは驚くほどぷりっぷりでジューシー!

玉ねぎ、パクチー、ネギといった香味野菜がたっぷりトッピングされているので香りが良く、フライドオニオンで甘さと香ばしさもプラスされています。シンプルなのに味わい深く、日本人にもなじみやすい味です。

お次は生春巻きと揚げ春巻きのセットをいただきます。

春巻きにつけるソースは甘酸っぱく、あっさりした生春巻きと相性抜群。

生春巻きには野菜や鶏肉などがたっぷり入っておりボリューム満点。もっちりした皮としゃっきりした野菜のコントラストが絶妙です。

一方の揚げ春巻きは薄めの皮がパリパリ!中には野菜と、春雨のような麺が入っていました。加熱されることで甘味が増した野菜が美味。二種類の春巻きが味わえるなんて、何とも贅沢ですね。

デザートのグレープ味のゼリーも平らげ、完食しました。ごちそうさまでした!

お会計を済ませた後(ちなみにクレジットカードやPayPayも利用できます)、帰り際に店員さんにおすすめのメニューを聞いたら色々と教えてくれました。
一品料理で特に人気のメニューは、「バインセオ」というベトナムのオムレツのようなものだそう。日本語も堪能で、優しい店員さんでした。

お店を出て階段を下りる際にふと顔を上げると

何だかほっこりした気持ちになりました。




上野でベトナム料理を満喫するならテイホークァンへ

定番のベトナム料理は食べたことがあるから、普段は食べない料理にトライしてみたい!というときにおすすめです。メニューも豊富なので、食べたいものが必ず見つかりますよ。ベトナム料理を食べたくなったときはぜひ「テイホークァン」で本格ベトナム料理を堪能してはいかがでしょうか。

テイホークァン
住所:東京都台東区上野2 12-15YKビル2F
電話:050-5877-4910
営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~23:00


\ この記事をシェア /

ライター紹介

かくに

フリーライター

出身は北海道。 初めてのひとり旅はクロアチア(初海外)。 方向音痴。 食べることが大好き。 一人ご飯も大好き。 好物はスープカレーと豚の角煮と抹茶。
かくにの記事を見る

  • facebookx
  • 関連記事一覧

    このライターの記事

    かくにの記事を見る

  • facebookx
  • ランキング

    タグ一覧

    • PR

    • インターネット・光回線総合比較メディア:厳選.com
    • カリスマめぐり